MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)、前立腺異常 : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

 

オス猫特有の病気や異常についてです。

布団の中の猫
今回はオス猫の異常、「精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)」、「前立腺異常」について見ていきます。

Sponsored Link

精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)

精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)はオス猫の精巣(せいそう)(睾丸(こうがん))の病気、異常です。

「精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)」の原因・症状

「精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)」は、うまれつき精巣(睾丸)が2つとも無い状態のことです。
先天性奇形として発生することが多く、要因は遺伝的なことによる可能性が高い症状です。
また、通常オス猫の精巣(睾丸)は生まれてから2,3週間経つと陰嚢(いんのう)内に降下してきますが、降下してこない状態が「停留精巣(ていりゅうせいそう)」です。
陰嚢(いんのう)に降りてくる過程で、腹部の筋層を通り抜けるときに発生し、筋肉の外側l,皮膚の下に存在することもあります。
停留精巣のオス猫の場合は、精子が作られていないことが多く、その場合は早い段階で去勢手術を行うことが必要となります。
これらの症状は身体検査で異常が確認されますので、早期に獣医師に診察してもらうことが大切です。

前立腺異常

膿の猫
膀胱(ぼうこう)の基底部に位置しているのが前立腺です。

「前立腺異常」の原因・症状

前立腺は分泌液を作っており、精子や他臓器からの分泌物と前立腺が作り出す分泌液が合わさることで精液が作られます。
オス猫の前立腺に異常があると、排泄に影響があり、失禁、便秘、血尿、出血、膿(うみ)などの症状が現れます。
前立腺異常による病気としては、前立腺に病原菌が入ることで発生する「前立腺炎」や、前立腺が肥大する「前立腺過形成」などの病気があります。
普段から猫を観察しておくことで、異常が見られたらできるだけ早く動物病院で原因を特定してもらい、適切な処置をうけることが大切です。
「前立腺過形成」の場合、薬剤療法やホルモン療法などの治療が施されますが、重症の場合、去勢手術をすることになる場合もあります。
また、「前立腺炎」の場合は抗生物質の投与による治療が行われます。
前立腺異常が特定されたら、食事内容を見直して良質なものを与えるようにしたり、食事内容を獣医師の指示に従ったものに変えていく必要があります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

皮膚血管炎(ひふけっかんえん)、皮膚無力症(エーラス・ダンロス症候群) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

皮膚の血管壁に起こる皮膚炎、先天的な異常による皮膚の病気があります。今回は、猫における皮膚の病気、「皮膚血管炎(ひふけっかんえん)」、「皮膚無力症」(エーラス・ダンロス症候群)について見ていきます。

脳腫瘍(のうしゅよう)、脳血管障害(のうけっかんしょうがい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脳における病気についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「脳腫瘍(のうしゅよう)」「脳血管障害(のうけっかんしょうがい)」について見ていきます。

病気は早期発見が重要!顔からわかる猫の異変

猫が病気で苦しむ前に、普段から顔や表情を観察して異常がないかチェックすることが大切です。手遅れになる前に、早期発見できるよう努めてあげるのも飼い主の大切な役目です。

猫伝染性鼻気管炎(ねこでんせんせいびきかんえん)(FVR,猫ウイルス性鼻気管炎)、猫免疫不全ウイルス感染症(FIV) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

猫から猫へ伝染るウイルス感染症があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「猫伝染性鼻気管炎(ねこでんせんせいびきかんえん)」(FVR,猫ウイルス性鼻気管炎)、「猫免疫不全ウイルス感染症」(FIV)について見ていきます。

破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)、歯垢・歯石(しこう・しせき) : 飼い主が知っておきたい口の病気

虫歯や歯垢、歯石など猫における口の異常についてです。今回は、猫における猫における口の異常、「虫歯」、「歯垢・歯石(しこう・しせき)」について見ていきます。

精巣腫瘍(せいそうしゅよう)、尿路結石症(にょうろけっせきしょう) : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オス猫を飼っている場合は、オス特有の病気にも注意が必要です。今回は、オス猫の病気、「精巣腫瘍(せいそうしゅよう)」「尿路結石症(にょうろけっせきしょう)」について見ていきます。

コーヒーは毒!猫に「コーヒーブレイク」はありません

猫が「コーヒー」や「緑茶」に含まれる「カフェイン」を摂取しすぎると「カフェイン中毒」になります。「ミルク(牛乳)」は猫にとって毒物というほどではありませんが、猫が飲みすぎるとお腹をこわして下痢になります。

細菌性脳炎(さいきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」は脳実質に炎症を起こしている状態です。今回は、猫の脳脊髄疾患、「細菌性脳炎(さいきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

膿皮症、脂漏症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

病気やストレス、また老化などが原因となって皮膚の抵抗力が衰えることから、「膿皮症」や「脂漏症」など皮膚病になり、猫は皮膚に炎症が起こり痛みを感じます。今回は、猫における皮膚の病気、「膿皮症」「脂漏症」について見ていきます。

前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

膝の中に位置する靭帯の損傷、断裂についてです。今回は、猫の骨関節疾患、「前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ)」について見ていきます。