MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)、前立腺異常 : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

 

オス猫特有の病気や異常についてです。

布団の中の猫
今回はオス猫の異常、「精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)」、「前立腺異常」について見ていきます。

Sponsored Link

精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)

精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)はオス猫の精巣(せいそう)(睾丸(こうがん))の病気、異常です。

「精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)」の原因・症状

「精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)」は、うまれつき精巣(睾丸)が2つとも無い状態のことです。
先天性奇形として発生することが多く、要因は遺伝的なことによる可能性が高い症状です。
また、通常オス猫の精巣(睾丸)は生まれてから2,3週間経つと陰嚢(いんのう)内に降下してきますが、降下してこない状態が「停留精巣(ていりゅうせいそう)」です。
陰嚢(いんのう)に降りてくる過程で、腹部の筋層を通り抜けるときに発生し、筋肉の外側l,皮膚の下に存在することもあります。
停留精巣のオス猫の場合は、精子が作られていないことが多く、その場合は早い段階で去勢手術を行うことが必要となります。
これらの症状は身体検査で異常が確認されますので、早期に獣医師に診察してもらうことが大切です。

前立腺異常

膿の猫
膀胱(ぼうこう)の基底部に位置しているのが前立腺です。

「前立腺異常」の原因・症状

前立腺は分泌液を作っており、精子や他臓器からの分泌物と前立腺が作り出す分泌液が合わさることで精液が作られます。
オス猫の前立腺に異常があると、排泄に影響があり、失禁、便秘、血尿、出血、膿(うみ)などの症状が現れます。
前立腺異常による病気としては、前立腺に病原菌が入ることで発生する「前立腺炎」や、前立腺が肥大する「前立腺過形成」などの病気があります。
普段から猫を観察しておくことで、異常が見られたらできるだけ早く動物病院で原因を特定してもらい、適切な処置をうけることが大切です。
「前立腺過形成」の場合、薬剤療法やホルモン療法などの治療が施されますが、重症の場合、去勢手術をすることになる場合もあります。
また、「前立腺炎」の場合は抗生物質の投与による治療が行われます。
前立腺異常が特定されたら、食事内容を見直して良質なものを与えるようにしたり、食事内容を獣医師の指示に従ったものに変えていく必要があります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

果物屋
猫も食べられる果物

猫に食べさせてはいけない果物やできればあまり食べさせたくない果物もありますが、全てがダメなわけではなく、猫の体にもよい果物もあります。ただし、果物は全般的に糖分が高いので、くれぐれも食べさせすぎは禁物です。

前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

膝の中に位置する靭帯の損傷、断裂についてです。今回は、猫の骨関節疾患、「前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ)」について見ていきます。

猫の「またたび」の好きっぷりにはいつも驚き

大好物であることを例えて「猫にまたたび、お女郎に小判」などと言われるほど、猫は「またたび」が大好きです。しかし猫の「マタタビ反応」をみていると、普通ではない状態になってしまうので少し心配になってきますが、猫の体に害はないのでしょうか。

猫伝染性鼻気管炎(ねこでんせんせいびきかんえん)(FVR,猫ウイルス性鼻気管炎)、猫免疫不全ウイルス感染症(FIV) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

猫から猫へ伝染るウイルス感染症があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「猫伝染性鼻気管炎(ねこでんせんせいびきかんえん)」(FVR,猫ウイルス性鼻気管炎)、「猫免疫不全ウイルス感染症」(FIV)について見ていきます。

僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」の開口部が奇形のため狭くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁狭窄症(ほうそうべんきょうさくしょう)」について見ていきます。

猫が誤食しないように気をつけるべき植物(花・葉・茎)

万が一猫が口にしてしまうと命取りになる花や観葉植物がたくさんあります。今回は、猫が口にすると危険で、且つ部屋に飾ってあっても不思議ではない植物の一部について見ていきます。

卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)、卵巣遺残症(らんそういざんしょう) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

卵巣に関わる病気はメス猫にとってとても深刻な病です。今回は、メス猫に起こる病気、「卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)」「卵巣遺残症(らんそういざんしょう)」について見ていきます。

Q熱(きゅうねつ) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

ダニなどの吸血昆虫が感染源として可能性の高い細菌性疾患についてです。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「Q熱(きゅうねつ)」について見ていきます。

心筋症、貧血 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

血液の循環は、酸素供給、二酸化炭素の除去、水分供給、温度調節、栄養分供給など数多くの役割を担っています。循環器系の病気になると、血液が果たしている役割に支障をきたすため命を脅かすことすらあります。今回は、猫における循環器系の病気、「心筋症」「貧血」について見ていきます。

腎盂腎炎(じんうじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓や腎臓から尿管につながる部分の腎盂(じんう)における炎症があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」について見ていきます。