MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

膀胱炎(ぼうこうえん)、便秘 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

 

猫がトイレで苦しむのは可哀想。普段から猫を観察し、異常を感じたら早めの対処が必要です。

倒れる猫
今回は、猫における消化器系の病気、「膀胱炎(ぼうこうえん)」、「便秘」について見ていきます。

Sponsored Link

膀胱炎(ぼうこうえん)

「膀胱炎(ぼうこうえん)」は激しい痛みを伴うこともあるため、早めに獣医師に診てもらい治療する必要があります。

「膀胱炎(ぼうこうえん)」の原因・症状

「膀胱炎(ぼうこうえん)」は「膀胱結石(ぼうこうけっせき)」が原因で発症することもありますが、多くの場合、生殖器からの細菌感染が原因となっておこります。
「膀胱炎(ぼうこうえん)」になると、いつもよりもトイレにいく回数は増えるものの尿の量は少なく、猫は残尿感を感じたりトイレの時に不快感を感じたりします。
また、尿は血が混ざっていたり血尿が出たり、また粘稠度の高い尿がでたり、匂いが強かったりします。
普段からトイレや猫の行動を観察し、異常を感じたらすぐに獣医師に相談しましょう。
「膀胱炎(ぼうこうえん)」の疑いがある場合、動物病院で尿検査などによる検査が行われますが、細菌感染が原因である場合が多く、その場合は治療のために抗生物質が処方されることになります。
「膀胱炎(ぼうこうえん)」の治療中は処方された薬の投与に加え、清潔な水を十分に飲めるようにしておくことが大切です。

便秘

猫のトイレ
「便秘」自体は病気ではありませんが、その原因によっては危険な場合もありますので軽視せずに対応することが必要です。

「便秘」の原因・症状

「便秘」は猫が排便しなくなってしまう状態で、便秘になっている原因は様々です。
何かしらの病気によって便秘になってる場合は、病気を特定して治療することが必要ですし、消化管内の閉塞が原因で発生している場合は、外科手術によって治療する必要があることもあります。
「巨大結腸症(きょだいけっちょうしょう)」という病気の場合、便が固まって結腸が拡大するため重い便秘となります。
また、嘔吐を繰り返したり、脱水症状を起こしたりします。
食事の内容によっても便秘になることはありますので、その場合は便をだすための薬を処方してもらう必要があります。
予防策としては、食事内容が原因となって便秘になることが無いように、普段の食事は食物繊維を多く含んでいて且つバランスの取れた食事を与えるようにすることが効果的です。
いずれにしても猫が便秘になってしまったら、獣医師にみてもらい原因を特定したうえで早めの対処が大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

ムコ多糖症 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

ライソゾーム蓄積病の一種の、骨関節弛緩についてです。今回は、猫の骨関節疾患、「ムコ多糖症」について見ていきます。

猫に生の「エビ」や「カニ」を食べさせてはいけません

ネコに生の甲殻類を食べさせてしまうと、中毒を引き起こして嘔吐や下痢を引き起こすことがあります。同様の理由により、「コイ」や「ワカサギ」などの淡水魚もネコに与えては行けないものとして、要注意です。

[リンパ・造血器腫瘍]骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)、多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄内の造血細胞における異常、腫瘍性に増殖する疾患についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)」「多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)」について見ていきます。

外耳炎、耳疥癬(耳ダニ症) : 飼い主が知っておきたい耳の病気

猫が耳を掻く回数が増えたり、耳垢が多く出たり、猫の耳に異常を感じたら迅速な対処が必要です。今回は、猫における耳の病気、「外耳炎」「耳疥癬(みみかいせん)(耳ダニ症)」について見ていきます。

猫が誤食しやすく、腸閉塞になりやすいもの

猫は遊んでいるうちに誤って飲み込んでしまう場合もありますので、様子がおかしかったら誤食による不調の可能性も疑ってみましょう。今回は、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと腸に溜まってしまったり、腸閉塞を起こしやすいものについてです。

肺炎、膿胸、鼻炎 : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

中には進行が早く命を脅かす病気の恐れもありますので、猫が咳をしていたら早めに獣医師に診てもらうことが重要です。今回は、猫における呼吸器系の病気、「肺炎」「膿胸」「鼻炎」について見ていきます。

腎アミロイドーシス : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

猫の品種によっては、家族性疾患として発生することもある病気です。 今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎アミロイドーシス」について見ていきます。

非結核性(非定型)抗酸菌症(ひけっかくせい(ひていけい)こうさんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

土壌や水中に広く分布している菌による細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「非定型抗酸菌症(ひていけいこうさんきんしょう)」について見ていきます。

ヘリコバクター感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

子猫のうちに親猫から感染してしまうおそれがある細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ヘリコバクター感染症」について見ていきます。

偽妊娠(ぎにんしん) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

偽妊娠になると猫にとっても飼い主にとっても精神的に非常に辛い場合もあります。今回は、メス猫に起こる症状、「偽妊娠(ぎにんしん)」について見ていきます。