MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

鼓腸(こちょう)、下痢 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

 

「鼓腸(こちょう)」や「下痢(げり)」は消化管における病気の徴候の可能性もあります。

トレイの猫
今回は、猫における消化器系の異常、「鼓腸(こちょう)」、「下痢(げり)」について見ていきます。

Sponsored Link

鼓腸(こちょう)

「鼓腸(こちょう)」とは、つまりおならが消化管に充満した状態のことです。

「鼓腸(こちょう)」の原因・症状

「鼓腸」は消化管内にガスが充満した状態のことで、「鼓腸」が見られたからといって直ぐに動物病院へ連れていく必要はありませんが、日常的にみられる場合は消化器系の病気の可能性もありますので獣医師への相談が必要です。
「鼓腸」は食事が原因であることが多く、品質の悪い食事を与えられていると大腸に届くまでの間に十分に消化されず、発酵することでガスが発生するということがあります。
殆どの場合は、特定の食事パターンを避け品質の良い食事を与えるなど、食事の内容を見直すことでよくなりますが、原因特定ができない場合は獣医師に相談するのが最善です。
猫が必要とする栄養素に、タンパク質、炭水化物、脂肪、リン、ビタミン類がありますが、これらがバランスよく含まれているキャットフードを選ぶことが大切です。
また猫の年齢の段階によって必要となる栄養素やエネルギー量が変化するため、年齢にあったキャットフードを選んで与えることも必要なことです。
飼い猫は自分で食事管理をすることができませんので、食事の品質、内容については飼い主が普段から気にしておく必要があります。
普段からの予防策としても、品質の悪い食事を避け、よいキャットフードを与えることが必要です。

下痢(げり)

食事中の猫
「下痢(げり)」自体は病気ではありませんが、どこかが悪いせいで起こる現象なので異常がないか観察する必要があります。

「下痢(げり)」の原因・症状

単に食べ過ぎたせいで下痢を起こすこともありますが、ストレスの徴候として下痢になることもあります。
また、消化管内の病気や真菌感染、コクシジウム、鞭虫(べんちゅう)など内部寄生虫が原因の場合もあります。
大量の血液と粘液を含んだ便の場合は、結腸炎になっている可能性が高く、また、通常とは違った色をした便や、脂っぽく感じられる便も下痢に分類されます。
下痢の状態がひどいと、脱水症状になりそれが原因で腎臓にダメージをうけると死に至ることすらありますので、ひどい場合は獣医師に診てもらうのがよいでしょう。
動物病院で診てもらう際は、下痢の原因を特定するために検便が行われます。
下痢を起こしている原因が細菌の場合は、人間に伝染ることもありますので、猫に触ったあとは手をあらうなどの予防策をしっかり行うようにしましょう。
人間に感染するものとしては、サルモネラ症やキャンピロバクター症などがあります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

甲状腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

室内飼いで主食が缶詰、猫砂を使用していると甲状腺腫になる危険が!?今回は、猫における腫瘍性疾患、「甲状腺における腫瘍」について見ていきます。

大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送り込むための重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

猫がチョコレートを食べると中毒症状を起こす危険が!

「2月14日はバレンタインデーだから猫にもチョコレートをあげよう」というのは危険です。「チョコレート」をはじめとした「カカオ」は、猫に食べさせてはいけないものの代表格ですので飼い主は十分に認識しておくことが必要です。

レプトスピラ症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

人獣共通感染症であり、家畜伝染病予防法で届出伝染病に含まれる細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「レプトスピラ症」について見ていきます。

胆管系(たんかんけい)における腫瘍、膀胱(ぼうこう)腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

猫における腫瘍としては、肝臓腫瘍よりも多く発生する可能性があるのが単館系の腫瘍です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「胆管系(たんかんけい)の腫瘍」「膀胱(ぼうこう)腫瘍」について見ていきます。

線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)、脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脊髄における疾患についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)」「脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

進行がゆっくりであるため気づきづらい病気であると言われています。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)」について見ていきます。

真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)、ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」の原因は様々ですので、原因を特定し適切な治療が必要になります。今回は、猫の脳脊髄疾患、「真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」「ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

腎盂腎炎(じんうじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓や腎臓から尿管につながる部分の腎盂(じんう)における炎症があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」について見ていきます。

骨髄における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「骨髄における腫瘍」は細かい分類がありますが、大きく分類すると三種類に別れます。今回は、猫における腫瘍性疾患、「骨髄における腫瘍」について見ていきます。