MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

膿皮症、脂漏症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

 

「膿皮症」や「脂漏症」になると皮膚に炎症が起こり、猫は皮膚に痛みを感じます。

猫のグルーミング
今回は、猫における皮膚の病気、「膿皮症」「脂漏症」について見ていきます。

Sponsored Link

膿皮症(のうひしょう)

膿皮症は、病気やストレス、また老化などが原因となって皮膚の抵抗力が衰えることから起こります。

「膿皮症」の原因・症状

猫は病原菌の感染から身を守るために皮膚に常在菌を保有していますが、他の病気やストレス、老化などにより常在菌が急激に増殖したり、空気中の病原菌が皮膚で急激に増加すると障害を起こし膿皮症になってしまいます。
皮膚に厚みのある部分、肘や膝に見られる炎症を「胼胝性膿皮症(べんちせいのうひしょう)」といいます。
また、指の間に草の実や刺激の強い化学物質など異物が入ることが引き金になって起こりやすいのが「趾間膿皮症(しかんのうひしょう)」、「急性湿性皮膚炎(きゅうせいしっせいひふえん)」は長毛種に多く見られ、寄生虫が原因となり発生する皮膚が湿った状態になり炎症を起こす病気です。
普段から定期的にブラッシングしたり、被毛のお手入れをすることが予防策としては大切です。
もし猫に異常を見つけたらすぐに獣医師の診断を受けることをおすすめします。

脂漏症(しろうしょう)

 毛づくろい
脂漏症は皮脂腺からの分泌物が過剰に発生することで起こる皮膚病です。

「脂漏症」の原因・症状

原因は様々で、膿皮症による併発、外部寄生虫、暑さや乾燥など大気状態や不適切なシャンプーや栄養障害などが考えられますが、それにより「マラセチア」というカビの一種で酵母菌と呼ばれる真菌の繁殖により発生します。
脳死症になると皮脂腺から分泌物が異常に発生し、皮膚の細胞が死滅した部分がフレーク状になったり油っぽくなり、炎症をおこします。
マラセチアは、猫の皮膚、口の周りや肛門などの皮膚の表面に、正常な時も存在していますが、環境の変化により増殖し病原菌と化します。
脂漏症など皮膚炎の他、耳の中で発生すると外耳炎の原因となることもあります。
脂漏症の症状が見られた場合は、すぐに獣医師に診てもらい適切な処方を受けることが必要です。
動物病院では血液検査や皮膚や被毛のサンプル分析によって正しい診断がなされます。
処方は原因によってことなりますが、痛みがひどい場合は抗生物質に加え抗炎症剤などが処方されます。
症状が軽度の場合は、食事の内容に植物性、動物性の脂肪を加えるといったことで改善が見られる場合もあるようです。
予防策として普段から気をつけたいこととして、暑さや乾燥など生活環境の整備、良質な食事、定期的なグルーミングなどがあげられます。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)、灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」は脳実質に炎症を起こしている状態です。今回は、猫の脳脊髄疾患、「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」について見ていきます。

猫に生の「エビ」や「カニ」を食べさせてはいけません

ネコに生の甲殻類を食べさせてしまうと、中毒を引き起こして嘔吐や下痢を引き起こすことがあります。同様の理由により、「コイ」や「ワカサギ」などの淡水魚もネコに与えては行けないものとして、要注意です。

[骨肉腫(こつにくしゅ)]体軸骨格における骨肉腫 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「骨肉腫」は、発生部位により大きく「体軸骨格」と「四肢骨格」の二つに分類されます。今回は、猫における腫瘍性疾患「骨肉腫」のうち、「体軸骨格における骨肉腫」について見ていきます。

慢性腸炎(まんせいちょうえん)(炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうえん)(IBD)) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫において多く発生する小腸の病気があります。今回は、猫における消化器系の病気、「慢性腸炎(まんせいちょうえん)」(炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうえん)(IBD))について見ていきます。

心筋症、貧血 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

血液の循環は、酸素供給、二酸化炭素の除去、水分供給、温度調節、栄養分供給など数多くの役割を担っています。循環器系の病気になると、血液が果たしている役割に支障をきたすため命を脅かすことすらあります。今回は、猫における循環器系の病気、「心筋症」「貧血」について見ていきます。

リンパ腫 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

猫において最も発生することが多い腫瘍性疾患が「リンパ腫」です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「リンパ腫」について見ていきます。

変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

歳をとった猫がかかりやすい骨関節疾患があります。今回は、猫の骨関節疾患、「変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]免疫不全 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「免疫不全」は、大きく「先天性」と「後天性」に分けられます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「免疫不全」について見ていきます。

膣炎(ちつえん)、膣脱(ちつだつ)・過形成 : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

メス猫特有の生殖器における病気があります。今回は、メス猫の病気、「膣炎(ちつえん)」、「膣脱(ちつだつ)・過形成」について見ていきます。

精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)、前立腺異常 : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オス猫特有の病気や異常についてです。今回はオス猫の異常、「精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)」、「前立腺異常」について見ていきます。