MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

膿皮症、脂漏症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

 

「膿皮症」や「脂漏症」になると皮膚に炎症が起こり、猫は皮膚に痛みを感じます。

猫のグルーミング
今回は、猫における皮膚の病気、「膿皮症」「脂漏症」について見ていきます。

Sponsored Link

膿皮症(のうひしょう)

膿皮症は、病気やストレス、また老化などが原因となって皮膚の抵抗力が衰えることから起こります。

「膿皮症」の原因・症状

猫は病原菌の感染から身を守るために皮膚に常在菌を保有していますが、他の病気やストレス、老化などにより常在菌が急激に増殖したり、空気中の病原菌が皮膚で急激に増加すると障害を起こし膿皮症になってしまいます。
皮膚に厚みのある部分、肘や膝に見られる炎症を「胼胝性膿皮症(べんちせいのうひしょう)」といいます。
また、指の間に草の実や刺激の強い化学物質など異物が入ることが引き金になって起こりやすいのが「趾間膿皮症(しかんのうひしょう)」、「急性湿性皮膚炎(きゅうせいしっせいひふえん)」は長毛種に多く見られ、寄生虫が原因となり発生する皮膚が湿った状態になり炎症を起こす病気です。
普段から定期的にブラッシングしたり、被毛のお手入れをすることが予防策としては大切です。
もし猫に異常を見つけたらすぐに獣医師の診断を受けることをおすすめします。

脂漏症(しろうしょう)

 毛づくろい
脂漏症は皮脂腺からの分泌物が過剰に発生することで起こる皮膚病です。

「脂漏症」の原因・症状

原因は様々で、膿皮症による併発、外部寄生虫、暑さや乾燥など大気状態や不適切なシャンプーや栄養障害などが考えられますが、それにより「マラセチア」というカビの一種で酵母菌と呼ばれる真菌の繁殖により発生します。
脳死症になると皮脂腺から分泌物が異常に発生し、皮膚の細胞が死滅した部分がフレーク状になったり油っぽくなり、炎症をおこします。
マラセチアは、猫の皮膚、口の周りや肛門などの皮膚の表面に、正常な時も存在していますが、環境の変化により増殖し病原菌と化します。
脂漏症など皮膚炎の他、耳の中で発生すると外耳炎の原因となることもあります。
脂漏症の症状が見られた場合は、すぐに獣医師に診てもらい適切な処方を受けることが必要です。
動物病院では血液検査や皮膚や被毛のサンプル分析によって正しい診断がなされます。
処方は原因によってことなりますが、痛みがひどい場合は抗生物質に加え抗炎症剤などが処方されます。
症状が軽度の場合は、食事の内容に植物性、動物性の脂肪を加えるといったことで改善が見られる場合もあるようです。
予防策として普段から気をつけたいこととして、暑さや乾燥など生活環境の整備、良質な食事、定期的なグルーミングなどがあげられます。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

甲状腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

室内飼いで主食が缶詰、猫砂を使用していると甲状腺腫になる危険が!?今回は、猫における腫瘍性疾患、「甲状腺における腫瘍」について見ていきます。

胃腸における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

胃腸における腫瘍では、リンパ腫の発生が最も多く見られると言われています。今回は、猫における腫瘍性疾患、「胃腸における腫瘍」について見ていきます。

耳介血腫、耳介の外傷 : 飼い主が知っておきたい耳の病気

耳介(じかい)というのは外耳の一部で外に張り出しているところを指しています。今回は、猫における耳の病気や怪我、「耳介血腫」「耳介の外傷」について見ていきます。

肝リピドーシス : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

肝細胞に過剰に脂肪が蓄積する、猫の脂肪肝についてです。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「肝リピドーシス」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)、多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄内の造血細胞における異常、腫瘍性に増殖する疾患についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)」「多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)」について見ていきます。

[再生性貧血]溶血性貧血(ヘモバルトネラ症、ハインツ小体性、赤血球の物理的破壊) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、原因などから少し詳細について見ていきます。前回に引き続き、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「再生性貧血」である「溶血性貧血」(ヘモバルトネラ症、ハインツ小体性、赤血球の物理的破壊)についてです。

脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)、脊椎奇形(せきついきけい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脊髄における異常についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)」「脊椎奇形(せきついきけい)」について見ていきます。

膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

膀胱に発生する腫瘍の多くは悪性腫瘍です。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)」について見ていきます。

僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」の開口部が奇形のため狭くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁狭窄症(ほうそうべんきょうさくしょう)」について見ていきます。

骨折、外傷性脱臼 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

猫の骨関節疾患についてです。今回は、猫の骨関節疾患として、「骨折」「外傷性脱臼」について見ていきます。