MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

心筋症、貧血 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

 

猫の体の中で血液を循環させている、心臓をはじめとした循環器系の病気についてです。

循環器系の病気
血液の循環は、酸素供給、二酸化炭素の除去、水分供給、温度調節、栄養分供給など数多くの役割を担っています。
血液の循環は「肺循環」と「体循環」があり、酸素が体内に取り込まれて減少している血液は肺循環によって肺に送られ、肺で二酸化炭素の除去及び酸素の吸収がされます。
酸素を取り込んだ血液は心臓に戻されて、体循環として心臓がポンプの役割をすることで血液を体中に送り込みます。
循環器系の病気になると、血液が果たしている役割に支障をきたすため命を脅かすことすらあります。
今回は、猫における循環器系の病気、「心筋症」「貧血」について見ていきます。

Sponsored Link

心筋症(しんきんしょう)

心筋症
心臓が異常に拡大する「肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)」と、心臓の壁が薄くなる「拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)」があります。

「心筋症」の原因・症状

遺伝により発生することが最も多く、その場合は1年以上の生存率は非常に低くなってしまいます。
心筋症だと肺に血液が溜まってしまうため、猫は息苦しさを感じてすぐに息切れしてしまいます。
また体重は増えづらく、だんだん体重が減少していくこともあります。
猫が心筋症の場合は、激しく動く事のないように安静にさせておくことが必要になります。
発見が遅れると悪化の一途をたどることになるので、猫が呼吸困難に陥っていることがわかったらすぐに獣医師の診断を受けることが必要です。
成功の確立はかなり低いようですが、手術によって治る場合もありますので、望みを捨ててはいけません。

貧血(ひんけつ)

貧血
貧血は、猫の体内に酸素が行き渡らないため、疲労を感じ衰弱してしまいます。

「貧血」の原因・症状

貧血は猫の体内の赤血球が減少し、鉄分が不足することによって酸素が体内に行き渡らず、呼吸の数が増加し、また心拍数が上がり疲労、衰弱します。
貧血になる原因は様々で、肝臓病や腎臓病、胃潰瘍や癌、甲状腺機能低下症などの病気が原因になることや、ビタミンB12の不足、化学物質などによる中毒、またノミやダニなど寄生虫が原因である場合もあります。
動物病院で検査してもらうのが最も適切に原因特定できる方法ですので、すぐに獣医師に診てもらうのが最善です。
また、ノミやダニなど寄生虫が原因で貧血になる前にきづけるよう普段から観察するとともに、寄生虫が発生した場合はノミ駆除用のスプレーやパウダーにより対処することも必要です。

※「貧血」に関するもう少し詳細の内容は、
失血性貧血[再生性貧血] : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患
を御覧ください。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の筋肉における疾患についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」「筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー」について見ていきます。

猫に「ビール」を飲ませてはダメ!急性アルコール中毒になる

猫の体は人間と違って小さく、およそ1kgから大きくても10kg程度ですので、人間が飲んでいるアルコールを与えてしまうと少量でも急性アルコール中毒になってしまします。

真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)、ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」の原因は様々ですので、原因を特定し適切な治療が必要になります。今回は、猫の脳脊髄疾患、「真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」「ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

三叉神経麻痺(さんさしんけいまひ)、突発性前庭障害(とっぱつせいぜんていしょうがい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の神経における異常についてです。 今回は、猫の脳脊髄疾患、「三叉神経麻痺(さんさしんけいまひ)」「突発性前庭障害(とっぱつせいぜんていしょうがい)、虚血性神経筋症(きょけつせいしんけいきんしょう)」について見ていきます。

ヘモプラズマ症(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

「猫伝染性貧血」として恐れられる細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ヘモプラズマ症」(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)について見ていきます。

消化管内寄生虫感染症(しょうかかんないきせいちゅうかんせんしょう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

消化管内における寄生虫感染は、現在もまだ存在しています。今回は、猫における消化器系の病気、「消化管内寄生虫感染症(しょうかかんないきせいちゅうかんせんしょう)」について見ていきます。

赤血球増加症(多血症) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

赤血球減少によって起こるのが「貧血」ですが、逆に赤血球が増加する病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「赤血球増加症」(多血症)について見ていきます。

ネコクラミジア感染症、失明 : 飼い主が知っておきたい目の病気

目だけではありませんが感染による病気については、適切な処置を早急に施さないと命の危険すら危ぶまれる可能性もあります。今回は、猫における目の病気「ネコクラミジア感染症」、また「失明」の症状について見ていきます。

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」が正しく閉じなくなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁閉鎖不全症(そうほうべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

癲癇(てんかん)、クッシング病(副腎皮質機能亢進症) : 飼い主が知っておきたい重い病気

痙攣(けいれん)や水の多飲、多尿などの異常がみられたら早めに動物病院へ連れて行きましょう。今回は、「癲癇(てんかん)」、「クッシング病」(副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう))について見ていきます。