MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

口内炎、歯肉炎、歯周炎 : 飼い主が知っておきたい口の病気

 

猫の口臭がきになるようであればそれは病気かもしれないので、その原因を特定して治してあげることが必要です。

猫のあくび
猫の口におけるトラブルもよく発生することの一つですので、猫の口についても飼い主は普段からチェックしておきたい箇所です。
今回は、猫における口の異常、「口内炎」「歯肉炎・歯周炎」について見ていきます。

Sponsored Link

口内炎(こうないえん)

猫の歯
「口内炎」は、口の中で炎症が起きる病気です。

「口内炎」の原因・症状

「口内炎」は、歯茎や舌に炎症が起こり、口の中が赤く腫れてただれてしまったり、潰瘍(かいよう)ができてしまったりする病気です。
口内炎になっていまうと、口の中で出血することもあります。
また、口臭がきになるようになったり、よだれが常に出ている状態になってしまうこともあります。
症状が悪化すると、口の中が痛むため、食欲がなくなり、水も飲めなくなってしまうので脱水症状を引き起こしたりもします。
口内炎の原因は、ウイルスによる感染症によるものや糖尿病や腎臓病など他の病気が原因である場合、また歯が汚れていて歯垢が溜まっていたり異物が口の中を刺激したことによる場合もあります。
ウイルス感染には、「猫免疫不全ウイルス」や「猫白血病ウイルス」などが原因で口内炎を発症する場合があり、感染病によって猫の免疫力が下がることで発生します。
治療には原因を特定する必要があるため、他の様子に異常が無いかを観察したうえで獣医師に早めに相談することが必要です。
歯石や歯垢など歯が汚れていることが原因の場合は、動物病院で取り除いて貰う必要があります。
そうならないようにするためにも、猫の歯のメンテナンス、歯磨きを習慣づけることも大切になってきます。

歯肉炎(しにくえん)、歯周炎(ししゅうえん)

猫のあーん
歯茎が炎症を起こしてしまうと「歯肉炎」、それが悪化して歯の根元まで及ぶと「歯周炎」になってしまいます。

「歯肉炎」「歯周炎」の原因・症状

「歯肉炎」や「歯周炎」の原因は歯石や歯垢などに住み着く細菌です。細菌に感染しないようにするためには普段から歯石や歯垢が溜まらないように歯磨きをしたり、メンテナンスすることが必要になります。
歯磨きは、市販されている猫用の歯ブラシや人の指にはめて磨くタイプの歯磨き指サックなどで行ったり、また、歯磨きを嫌がる猫には、猫用の歯磨き粉を少量、口の上に付けてペロペロ自分で舐めさせるだけでも効果があります。
「歯肉炎」になると歯茎に炎症が起こり赤く腫れたり、口臭がひどくなってきます。またよだれがよく出るようになってきます。
更に悪化して「歯周炎」になると、歯の根元の骨にまで炎症が起こり歯が抜けてしまうこともあります。
病状悪化を防ぐためにも、猫の口の状態も普段から観察しておきたいポイントです。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

胆管系(たんかんけい)における腫瘍、膀胱(ぼうこう)腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

猫における腫瘍としては、肝臓腫瘍よりも多く発生する可能性があるのが単館系の腫瘍です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「胆管系(たんかんけい)の腫瘍」「膀胱(ぼうこう)腫瘍」について見ていきます。

[非再生性貧血]鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)、コバラミン・葉酸欠乏貧血 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄での赤血球産生能低下が原因で起こる「非再生性貧血」についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「非再生性貧血」である「鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)」「コバラミン・葉酸欠乏貧血」について見ていきます。

脾臓(ひぞう)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

脾臓(ひぞう)における腫瘍では「肥満細胞腫」「リンパ腫」の発生リスクが高い傾向にあります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「脾臓(ひぞう)における腫瘍」について見ていきます。

ネコカリシウイルス性関節症 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

ウイルス感染が原因で起こる一過性の多発性関節炎があります。今回は、猫の骨関節疾患、「ネコカリシウイルス性関節症」について見ていきます。

腎盂腎炎(じんうじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓や腎臓から尿管につながる部分の腎盂(じんう)における炎症があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」について見ていきます。

胃潰瘍(いかいよう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

胃粘膜の深くまでを欠損してしまうと「胃潰瘍(いかいよう)」になります。今回は、猫における消化器系の病気、「胃潰瘍(いかいよう)」について見ていきます。

ボルデテラ症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

子猫に感染すると重症化する可能性の高い細菌性・ウイルス性疾患についてです。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ボルデテラ症」について見ていきます。

病気は早期発見が重要!猫のトイレをチェック

トイレは健康のバロメーターです。排泄物は猫の体の状態が出やすく、内臓の不調が表れやすいところですので、毎日のトイレ掃除の時にチェックするように心がけたいポイントです。

僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」の開口部が奇形のため狭くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁狭窄症(ほうそうべんきょうさくしょう)」について見ていきます。

肺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

殆どが悪性の肺腺癌か気管支腺癌で、発生する確率も他の部位と比較しても高い病気です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「肺における腫瘍」について見ていきます。