MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

外耳炎、耳疥癬(耳ダニ症) : 飼い主が知っておきたい耳の病気

 

耳の病気によって痛みやかゆみを感じると猫は耳を掻き続けて外傷に至ることもあります。

耳の病気
猫が耳を掻く回数が増えたり、耳垢が多く出たり、猫の耳に異常を感じたら迅速な対処が必要です。
今回は、猫における耳の病気、「外耳炎」「耳疥癬(みみかいせん)(耳ダニ症)」について見ていきます。

Sponsored Link

外耳炎(がいじえん)

外耳炎
「外耳炎」は、外耳道(耳の穴)や外耳道の入り口周辺で炎症が起こる病気です。

「外耳炎」の原因・症状

外耳炎は、猫がかかりやすい病気の一つです。
両耳の場合もあれば片耳だけ外耳炎になることもあります。
原因はいろいろありますが、耳垢が多く出たことで皮膚に刺激を与えることにより発症したり、湿った耳垢のせいで細菌やカビが繁殖することで発症したり、あるいは耳ダニや耳の中に入った異物が原因の場合もあります。
耳垢が湿って細菌やカビが生えることが原因となる場合が多く、湿度が高い梅雨の季節などに発症しやすいためこの時期は特に気にして観察しておきたいところです。
外耳炎は、放置しておくと慢性的に発生するようになり治りにくくなってしまいますので、早めに獣医師の診断を受けて治療を行うことが大切です。

耳疥癬(みみかいせん)(耳ダニ症)

耳疥癬
「耳疥癬」はダニが耳に寄生することで発症する病気です。

「耳疥癬」の原因・症状

耳疥癬は、ミミヒゼンダニ(耳疥癬虫)が外耳道(耳の穴)に寄生することで耳にダメージを与える病気です。
野生の猫をはじめネズミにもよく見られる病気です。
乾いた黒褐色の耳垢がたくさん溜まって耳の穴を塞いでいたら、それはミミヒゼンダニ(耳疥癬虫)が寄生している証拠です。
とても強いかゆみを感じるため、猫は耳を掻き続けてしまい、耳の周りの毛がぬけてしまったり耳や耳の周辺から出血してしまうこともあります。
ミミヒゼンダニ(耳疥癬虫)はとても小さく肉眼で確認するのが困難な大きさで、色は白や無色です。
ルーペや顕微鏡などを使って黒褐色の耳垢を観察すると、白い粉のようなものが動いているのが確認できます。これがミミヒゼンダニ(耳疥癬虫)です。
耳疥癬は耳の中で動きますので中耳にまで及ぶことがあり、そうなってしまうと猫はバランスを崩して歩行障害になることもあります。
治療方法としては、まずは外耳道に溜まっている耳垢を綺麗に除去し耳の中を綺麗にします。
点耳薬などが処方され治療を続けることになりますが、完治するまでは1ヶ月位かかることが多いようです。
とにかく猫が耳を異常に掻いていたら、迅速に獣医師の診断を受けるべきでしょう。
ミミヒゼンダニ(耳疥癬虫)によるものではない外耳炎などと症状も似ており、自分で判断するのは難しいので早めに動物病院で診てもらいましょう。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

胃潰瘍(いかいよう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

胃粘膜の深くまでを欠損してしまうと「胃潰瘍(いかいよう)」になります。今回は、猫における消化器系の病気、「胃潰瘍(いかいよう)」について見ていきます。

赤血球増加症(多血症) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

赤血球減少によって起こるのが「貧血」ですが、逆に赤血球が増加する病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「赤血球増加症」(多血症)について見ていきます。

猫は「アワビを食べると耳が落ちる」

ネコは「アワビを食べると耳が落ちる」というのはホント!貝類を食べたネコは、「ビオフェオフォルバイトa」のせいで「光線過敏症」という病気にかかってしまいますので、ネコに貝類を食べさせてはいけません。

結石症(けっせきしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

猫の下部尿路疾患の代表的な病気についてです。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「結石症(けっせきしょう)」について見ていきます。

軟部組織肉腫(なんぶそしきにくしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

体のいろいろな箇所で、皮膚に硬い塊ができる病気があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「軟部組織肉腫(なんぶそしきにくしゅ)」について見ていきます。

腎盂腎炎(じんうじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓や腎臓から尿管につながる部分の腎盂(じんう)における炎症があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」について見ていきます。

肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)、オスの三毛猫 : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オスの猫と暮らしている場合は、オス猫に起こる異常を見逃さないようにしましょう。今回は肛門の周りにできる「肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)」、また病気ではありませんが非常にめずらしい「オスの三毛猫」についてです。

バルトネラ症(猫ひっかき病) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

人間にも感染する恐れのある細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「バルトネラ症」(猫ひっかき病)について見ていきます。

唾液腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「シャム」に多く発症するということが言われている病気があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「唾液腺における腫瘍」について見ていきます。

上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)、上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

上皮小体における内分泌・代謝性疾患についてです。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)」「上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう)」について見ていきます。