MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

流涙症、第三眼瞼露出(瞬膜突出) : 飼い主が知っておきたい目の病気

 

猫がかかりやすい目の病気についてです。

知っておきたい目の病気
猫に異常はないかどうか普段から観察しておくことも飼い主の重要な役割だと思います。
今回は、猫における目の病気、「流涙症」「第三眼瞼露出(瞬膜突出)」について見ていきます。

Sponsored Link

流涙症(りゅうるいしょう)

流涙症
「流涙症」は、涙が過剰に出て目の下が常に湿った状態になってしまう病気です。

「流涙症」の原因・症状

流涙症の原因としては、目に腫瘍ができたことから派生して発症したりといった他の病気や症状、或いは目への異物混入による刺激、涙を出すための器官である涙管の詰まりなどが考えられます。
「流涙症」になると、涙が止まらなくなって目の周りが涙で常に湿った状態になり、更に目を爪で引っ掻いたりすると傷がついてしまい悪化していく恐れもありますので、早めの治療が必要となります。
原因が異物混入による場合や外部からの刺激による場合は、その根本的な原因を取り払うことで治癒することができますが、涙管が詰まっていることが原因の場合は、状況によっては治すのが困難な病気です。
いずれにしても異常を感じた時点ですぐに獣医師の判断を仰ぎ、適切な処置を施すことが必要です。

第三眼瞼露出(瞬膜突出)

第三眼瞼露出
「第三眼瞼露出(だいさんがんけんろしゅつ)」は、目頭の奥の部分に当たる第三眼瞼、あるいは瞬膜とも呼ばれる三角状の膜が常に出たまま眼球を覆ったままの状態になってしまう症状のことです。

「第三眼瞼露出(瞬膜突出)」の原因・症状

「第三眼瞼」が常に出た状態になると、猫が目をあけている時も常に膜が眼球を覆ったままになってしまいます。
原因としては、発熱や脱水症状、慢性胃腸炎や寄生虫、ウイルス感染などに加え、稀に神経損傷によるものやストレスが原因となることもあります。
片方の目だけに発生した場合は、眼球が傷ついたことが原因である場合が多いようです。
治療としては根本的な原因の解決が必要になりますが、原因特定のうえ目薬を獣医師に処方してもらい使用することで回復が見込まれます。
第三眼瞼(瞬膜)は、猫の健康状態をチェックするには観察しておきたいポイントの一つでもあります。
猫の体調が悪い場合は目に表れやすいので、普段から観察しておきたいところです。

猫の目に異常を感じたら

涙が止まらなかったり、第三眼瞼(瞬膜)が眼球を覆った状態になってしまったりしたら、まずは獣医師の診断を受けるようにしましょう。
人間と猫は体質が違いますので、間違えても人間に処方されり人間用に市販されている目薬をさしてみたりすることは避けましょう。
人間用の薬などを使用すると状態が悪化する場合があります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

皮膚における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

皮膚は、他の部位と比べて、比較的、腫瘍の発生頻度が高い部位です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「皮膚における腫瘍」について見ていきます。

鼻におけるリンパ腫 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

中齢から老齢の猫に発生しやすい咽頭部の腫瘍がリンパ腫です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「鼻におけるリンパ腫」について見ていきます。

口内炎、歯肉炎、歯周炎 : 飼い主が知っておきたい口の病気

猫の口におけるトラブルもよく発生することの一つですので、猫の口についても飼い主は普段からチェックしておきたい箇所です。今回は、猫における口の異常、「口内炎」「歯肉炎・歯周炎」について見ていきます。

急性胃炎(きゅうせいいえん)、慢性胃炎(まんせいいえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

胃粘膜の損傷により発生する病気があります。今回は、猫における消化器系の病気、「急性胃炎(きゅうせいいえん)」「慢性胃炎(まんせいいえん)」について見ていきます。

できれば猫には食べさせないほうが良いパイナップル
できれば猫には食べさせないほうが良い果物

猫によってはアレルギー反応を引き起こしたり、カロリーや糖質、食物繊維のとりすぎになってしまう果物があります。今回は、できれば猫には与えないようがよい果物についてです。

膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

膀胱に発生する腫瘍の多くは悪性腫瘍です。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)」について見ていきます。

唾液腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「シャム」に多く発症するということが言われている病気があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「唾液腺における腫瘍」について見ていきます。

心内膜床欠損症(しんないまくしょうけっそんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の発達異常による病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「心内膜床欠損症(しんないまくしょうけっそんしょう)」について見ていきます。

肝リピドーシス : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

肝細胞に過剰に脂肪が蓄積する、猫の脂肪肝についてです。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「肝リピドーシス」について見ていきます。

胸水(きょうすい) : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

体内において肺が位置する空間である胸腔内に水が溜まってしまう病気があります。今回は、猫における呼吸器疾患、「胸水(きょうすい)」について見ていきます。