MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

結膜炎、角膜炎 : 飼い主が知っておきたい目の病気

 

猫がかかりやすい目の病気についてです。

目の病気
猫が目の病気にかかったからといって目だけの異常だとは限りません。
全身的な症状の一部として目にあらわれていることもありますので、他にも体の異常がないか早めに獣医師の診断をうけることが大切です。
今回は、猫がかかりやすい目の病気「結膜炎」「角膜炎」について見ていきます。

Sponsored Link

結膜炎(けつまくえん)

結膜炎
「結膜炎」は、まぶたの裏側部分にあたる結膜が炎症を起こす病気です。
我が家の愛猫「メオ」も、何度か結膜炎にかかったことがあります。
その時は、涙がとまらなくなったことで異常に気づき動物病院に連れて行ったところ、「結膜炎」と診断されて、目薬を処方してもらうことでよくなりました。

「結膜炎」の原因・症状

結膜が赤く腫れて炎症をお起こしたり、それによって目が充血したりといった症状がでます。
また、それによって涙が止まらなくなったり、目ヤニが多くでるようになります。
慢性的に「結膜炎」を起こすようになると、膿がでるようになり症状が重い「化膿性結膜炎」になることもあります。
原因は様々で、ウイルス性の感染症状である場合もあれば、煙やホコリが原因の場合もあります。
殺虫剤やシャンプー、石鹸など化学物質が原因で結膜炎になることもあります。
結膜炎にかかったかもしれないと思ったら早めに獣医師の診断を受けることが必要です。

角膜炎(かくまくえん)・角膜潰瘍(かくまくかいよう)

角膜炎
「角膜炎」は、目の表面にある角膜(目の表面を覆っている透明な膜)が炎症を起こす病気です。

「角膜炎」の原因・症状

「角膜炎」になると、目の表面を覆う角膜が白く濁って見えるようになり、角膜につづいている結膜が腫れ上がる腫脹が見られるようになります。
また、普段の光を眩しく感じたり、目に痛みを感じてまばたきの回数が増え、涙ぐむようになります。
原因は様々で、目に異物が混入することで発生することもありますし、細菌やウイルスによる感染が原因のこともあります。
もし異物が目の中に混入したことが原因の場合は、いち早く異物を取り除くことが必要です。
また、他に原因として、栄養不足(ビタミンA不足)で発生することもあるようです。
「角膜炎」にかかる可能性はどの猫にもありますが、特に高齢になるに連れ角膜炎になる可能性が高まります。
歳をとった猫を飼っている飼い主は特に気にして観察することが大切です。
猫の瞳が曇っていたら角膜炎を疑って、動物病院に連れていく必要があります。
放っておいたせいで症状が悪化すると、角膜がやぶれてしまい重症に発展してしまうこともありますので、早めの治療が必要です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

[リンパ・造血器腫瘍]骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)、多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄内の造血細胞における異常、腫瘍性に増殖する疾患についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)」「多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)」について見ていきます。

口内炎、歯肉炎、歯周炎 : 飼い主が知っておきたい口の病気

猫の口におけるトラブルもよく発生することの一つですので、猫の口についても飼い主は普段からチェックしておきたい箇所です。今回は、猫における口の異常、「口内炎」「歯肉炎・歯周炎」について見ていきます。

重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の筋肉における疾患についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」「筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー」について見ていきます。

脾臓(ひぞう)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

脾臓(ひぞう)における腫瘍では「肥満細胞腫」「リンパ腫」の発生リスクが高い傾向にあります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「脾臓(ひぞう)における腫瘍」について見ていきます。

腎アミロイドーシス : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

猫の品種によっては、家族性疾患として発生することもある病気です。 今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎アミロイドーシス」について見ていきます。

大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送る太い血管で重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)」について見ていきます。

ヘルペスウイルス性皮膚炎、細菌性皮膚炎 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

ウイルスや細菌に感染することによる皮膚病があります。今回は、猫における皮膚疾患、「ヘルペスウイルス性皮膚炎」「細菌性皮膚炎」について見ていきます。

猫は「アワビを食べると耳が落ちる」

ネコは「アワビを食べると耳が落ちる」というのはホント!貝類を食べたネコは、「ビオフェオフォルバイトa」のせいで「光線過敏症」という病気にかかってしまいますので、ネコに貝類を食べさせてはいけません。

乳腺炎(にゅうせんえん)、乳癌(にゅうがん) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

メス猫特有の胸部における病気があります。今回は、メス猫の病気、「乳腺炎(にゅうせんえん)」、「乳癌(にゅうがん)」について見ていきます。

肝外胆管閉塞(かんがいたんかんへいそく) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

肝臓から腸を結んでいる「胆管(たんかん)」(肝外胆管)が閉塞する異常があります。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん)」について見ていきます。