MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

病気は早期発見が重要!顔からわかる猫の異変

 

普段から猫の顔を観察して病気の早期発見に努めましょう。

猫の目
猫が病気で苦しむ前に、普段から顔や表情を観察して異常がないかチェックすることが大切です。
手遅れになる前に、早期発見できるよう努めてあげるのも飼い主の大切な役目です。

Sponsored Link

目の様子からわかる異変

普段から猫の目を観察しましょう。
少しでも様子がおかしかったら獣医師に診てもらうほうがよいでしょう。

瞳が濁っている

瞳がいつもより濁っている場合は、出血している可能性があります。
また「ブドウ膜炎」の危険性もありますので、動物病院に連れて行って診てもらうのが良いでしょう。

眩しがっている

普段と同じ光を眩しがっている場合は、「角膜炎」や「緑内障」の危険性もあります。

瞳孔が開いている

瞳孔が開いていて目が異常に光って見える場合は、「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」の危険性があります。

目に輝きがなくトロンとしている

どこか体調が悪い可能性があります。
目だけではなく他に悪いところがないかよく観察しましょう。

耳の様子からわかる異変

猫の耳
撫でているときなどのついでに、耳の中をチェックしましょう。

耳を触ると嫌がる

嫌がって鳴き散らすようなら、「中耳炎」や「外耳炎」を疑いましょう。

耳から膿がでている

「中耳炎」や「外耳炎」がかなり悪化している可能性があります。
早めに動物病院で診てもらいましょう。

黒や茶色の耳垢が出ている

黒く乾燥した耳垢や茶色く湿った耳垢があるときは、「耳ダニ症」や「マラセチア菌感染」などの可能性があります。

鼻の様子を観察する

猫の鼻
調子が悪いと鼻の様子も変わってきます。

鼻水に色が付いている

緑色の鼻水が出ている場合は、感染症にかかっている危険性がありますので医師の診断が必要です。
また、鼻血がでているときは腫瘍ができていたり、口の中が歯周病になっている可能性もあります。

口の中もたまにはチェック

猫の口
口の中も異変が起こりやすい場所です。

口が腫れている

腫れていたり痛がっていたりする場合は「口内疾患」の可能性があります。
「歯周病」や「歯肉炎」の可能性がありますので早めの治療が必要です。

顎の下をチェック

猫の顎
顎は何かを飲んだり食べたりした時に汚れやすい場所ですので汚れから病気になりやすい場所です。

黒いブツブツができている

黒いブツブツができているときは「猫ニキビ(猫座瘡(ねこざそう))」の場合があります。
普段から清潔にしてあげましょう。

顎にしこりがある

顎を触った時にしこりができている場合は「リンパ腫」の可能性があります。
その場合はあまり触らないようにして獣医師に診てもらうことが必要です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

蕎麦
猫が蕎麦を食べると蕎麦アレルギーを起こす危険が!

ネコに「蕎麦」を食べさせることでの危険性は「蕎麦アレルギー」反応が出るかもしれないというリスクにあります。「蕎麦アレルギー」を含めた食物アレルギー反応が出やすいのは、子猫に多く見られますので、幼猫と暮らしている飼い主は特に注意が必要です。

精巣腫瘍(せいそうしゅよう)、尿路結石症(にょうろけっせきしょう) : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オス猫を飼っている場合は、オス特有の病気にも注意が必要です。今回は、オス猫の病気、「精巣腫瘍(せいそうしゅよう)」「尿路結石症(にょうろけっせきしょう)」について見ていきます。

三叉神経麻痺(さんさしんけいまひ)、突発性前庭障害(とっぱつせいぜんていしょうがい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の神経における異常についてです。 今回は、猫の脳脊髄疾患、「三叉神経麻痺(さんさしんけいまひ)」「突発性前庭障害(とっぱつせいぜんていしょうがい)、虚血性神経筋症(きょけつせいしんけいきんしょう)」について見ていきます。

ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓における先天性の病気についてです。今回は、猫における循環器疾患、「ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう)」について見ていきます。

肺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

殆どが悪性の肺腺癌か気管支腺癌で、発生する確率も他の部位と比較しても高い病気です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「肺における腫瘍」について見ていきます。

皮膚血管炎(ひふけっかんえん)、皮膚無力症(エーラス・ダンロス症候群) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

皮膚の血管壁に起こる皮膚炎、先天的な異常による皮膚の病気があります。今回は、猫における皮膚の病気、「皮膚血管炎(ひふけっかんえん)」、「皮膚無力症」(エーラス・ダンロス症候群)について見ていきます。

動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

生まれる前の胎生期から出生後に変化すべきものが変化しなかったことにより発生する病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)」について見ていきます。

線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)、脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脊髄における疾患についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)」「脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

外耳炎、耳疥癬(耳ダニ症) : 飼い主が知っておきたい耳の病気

猫が耳を掻く回数が増えたり、耳垢が多く出たり、猫の耳に異常を感じたら迅速な対処が必要です。今回は、猫における耳の病気、「外耳炎」「耳疥癬(みみかいせん)(耳ダニ症)」について見ていきます。

膣炎(ちつえん)、膣脱(ちつだつ)・過形成 : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

メス猫特有の生殖器における病気があります。今回は、メス猫の病気、「膣炎(ちつえん)」、「膣脱(ちつだつ)・過形成」について見ていきます。