MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

しっぽでわかる猫の気持ち

 

猫のしっぽを見れば気持ちがわかります。

しっぽを振るメオ
猫は感情をしっぽにも表します。
猫の気持ちを知るための一つの方法としてしっぽを観察してみるというのも有効な手段です。
今回はしっぽの状態から気持ちがわかる代表的な例を見ていきます。

しっぽ素早く振る

犬は喜ぶとしっぽを小刻みに振りますので、しっぽを振っている猫をみると一見喜んでいるように見えますが、それは違います。
しっぽを小刻みに素早く振っているときは、猫がイライラしているときです。
無理に抱っこしようとした時や、おとなしくしている時に無理になでたりするとしっぽを小刻みに振ることがあります。
また、しっぽを床にバシバシ叩きつけているときもイライラを感じている時です。
そんなときは構わずに放っておくほうが猫のためです。

しっぽを素早く振る=イライラしている

しっぽを股の間に挟む

しっぽを股の間から足に巻きつけているときは、何かに怯えていたり恐怖を感じている時です。
「しっぽを巻いて逃げ出す」という言葉がありますが、まさにその状態です。
猫はしっぽを足に巻きつけることで、降参です、許してください、ということを示そうとします。
自分より強い相手に出会った時などにこのような動作を見せることがあります。

しっぽを巻く=恐怖を感じている

しっぽが一気に膨らみふとくむ

太いしっぽ
時折、しっぽの毛を一気に逆立ててとても太く見えることがあります。
そんな時は猫が驚いていたり、怒りを感じている時です。
猫は本能的に驚いたり怒りを感じると威嚇するためにしっぽを太くします。
驚きや怒りを感じた時はしっぽが一気に太くなり、2倍くらいの太さに見えます。

しっぽが一気に膨らみ太くなる=驚きや怒りを感じている

しっぽを大きく曲げて、見てくる

猫がしっぽを曲げた状態でこちらを見てくるときは、遊んで欲しい時です。
一緒にあそぼう、と誘っている証拠ですので遊んであげると猫は喜びます。
また、しっぽを曲げて見つめてくるだけでなく、おなかをみせてゴロゴロ転がることもあります。
そんな時は本気で遊びたい時ですので、構ってあげないと猫が可哀想です。

しっぽを大きく曲げて、見つめてくる=遊んで欲しい

しっぽをまっすぐにピンと立てる

しっぽをピンと立てて近づいてきた時は、甘えたいときです。
足元でスリスリしてくるときにしっぽを見ると、ピンと立っていると思います。
相手に対して愛情を示している証拠ですので、撫でてあげたり、構ってあげましょう。

しっぽをまっすぐにピンと立てる=甘えている

しっぽが弱々しく垂れている

弱々しいしっぽ
しっぽが弱々しく垂れていたら、それは見た目のとおり、体調が悪くて弱っていたり、落ち込んでいる時です。
体調を崩している可能性もありますので、注意深く観察するとともに、明らかに元気が無いようなら獣医師に診てもらうことも考える必要があります。

しっぽが弱々しく垂れている=体調を崩していたり、落ち込んでいる

自分のしっぽを追いかけ回す

たまに自分のしっぽを追いかけ回してグルグル回っている時があります。
自分のしっぽであることをわかっていないかのように、チラ見しては捕まえようとしている姿はとても可愛らしいのですが、自分のしっぽを追いかけまわしている時は、猫が退屈している時です。
猫に退屈させないように、飼い主が普段から遊んであげることが必要です。

しっぽを追いかけ回す=退屈している

 - 猫の行動 ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

猫のスリスリ行動

帰宅すると猫は待っていたかのように玄関まで迎えに来てくれて、足元にスリスリからだをこすりつけてきたりします。飼い主は愛情表現だと思ってメロメロになりますが、どうやら猫にとっての目的は愛情表現ではないようです。

猫がフェロモンを感じた時にするレア顔

猫が目を見開いて口を半開きにして固まっていたとしても、それは臭いにおいを嗅いでショックで口を半開きにしているわけではありません。

猫のゴロリン行動、邪魔をしてくる時の心理

猫は本能的に、弱いところを攻撃されないように体を守っていますが、とても柔らかくてもし攻撃された場合に弱点となりうるおなかを見せてゴロリンと寝転がるということは飼い主を信頼している証拠です。目の前で急にゴロリンと寝転がった場合は、猫が遊んで欲しいと思っている時です。