MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫が誤食しないように気をつけるべき植物(球根・種)

 

部屋に飾っている花や観葉植物の中に、特に球根や種を猫が口にすると危険な植物があります。

球根
猫が口にしてしまうと非常に危険な植物がたくさんあります。
今回は、危険な植物の中でも、球根や種を猫が食べてしまうと危険な植物について見ていきます。
なお、猫が誤食すると危険な植物は、今回取り上げる植物だけではありませんので、部屋に植物を置く場合は十分に注意が必要です。

Sponsored Link

「スイセン」

スイセン
「スイセン」はヒガンバナ科の植物で、ヒガンバナ科の植物は球根などに有毒成分であるアルカロイドのリコリンを含んでいるため、猫をはじめ人間も口にすると危険な植物です。
「スイセン」を食べてしまうと、下痢や嘔吐、症状が悪いと昏睡状態に陥り、死に至ることもありますので、十分な注意が必要です。

「チューリップ」

チューリップ
ガーデニングのために部屋に保管している「チューリップ」の球根がある方はくれぐれも猫の手の届かない場所に置くようにしましょう。
「チューリップ」はユリ科の植物ですが、ユリ科の植物は猫にとって最も口にすると危険な植物の一つです。
「チューリップ」の球根を口にすると、下痢や嘔吐、脱水症状、腎臓障害、全身麻痺、呼吸困難などが起こり、最悪の場合は死に至ることもあります。
球根だけでなく、葉を食しただけでも中毒になり死に至ることもありますので、猫がいる場合は部屋に飾るのは避けたほうが良いでしょう。

「ヒヤシンス」

ヒヤシンス
「ヒヤシンス」もユリ科の植物ですので、「チューリップ」と同様、球根を口にすると非常に危険な植物です。
ユリ科の植物はアルカロイド系の有毒成分を含んでいますので、特に危険です。
「ヒヤシンス」を育てている家庭では、くれぐれも猫の手の届かない場所に置くように十分注意しましょう。

「アサガオ」

アサガオ
「アサガオ」は、種子に樹脂配糖体ファルビチンという毒性の強い成分を含んでいます。
猫が「アサガオ」の種を口にすると、下痢や嘔吐、腹痛などの症状が起こりますので、注意が必要です。

「シクラメン」

シクラメン
サクラソウ科の「シクラメン」は、根などに有毒成分であるシクラミンを含んでおり、猫が口にすると中毒症状を起こします。
食べてしまうと、下痢や嘔吐、胃腸炎などを起こし、症状が悪いと市に至ることもあります。

「イヌサフラン」

イヌサフラン(コルチカム)
「イヌサフラン」もユリ科の植物です。
球根などに有毒成分であるコルヒチンを含んでおり、猫が食べてしまうと下痢や嘔吐、呼吸障害やショック症状が起こり、最悪の場合死亡することもありますので、ユリ科の植物は特に注意が必要です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

甲状腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

室内飼いで主食が缶詰、猫砂を使用していると甲状腺腫になる危険が!?今回は、猫における腫瘍性疾患、「甲状腺における腫瘍」について見ていきます。

肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

肺動脈の一部が細くなってしまい、血液が流れづらくなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」について見ていきます。

フライドチキン
大好物の一つ「ケンタッキーフライドチキン」は猫にとって危険

ネコにとってはカロリーが高すぎるので「フライドチキン」は与えてはいけません。また人間は気づかなくても、「鶏の唐揚げ」によく使われるオニオンパウダーが含まれているだけでもネコにとっては致命的なこともあります。

狂犬病、オーエスキー病(仮性狂犬病) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

猫にも狂犬病は発症します。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「狂犬病」、「オーエスキー病」(仮性狂犬病)について見ていきます。

流涙症、第三眼瞼露出(瞬膜突出) : 飼い主が知っておきたい目の病気

猫に異常はないかどうか普段から観察しておくことも飼い主の重要な役割だと思います。今回は、猫における目の病気、「流涙症」「第三眼瞼露出(瞬膜突出)」について見ていきます。

ネコクラミジア感染症、失明 : 飼い主が知っておきたい目の病気

目だけではありませんが感染による病気については、適切な処置を早急に施さないと命の危険すら危ぶまれる可能性もあります。今回は、猫における目の病気「ネコクラミジア感染症」、また「失明」の症状について見ていきます。

僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」の開口部が奇形のため狭くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁狭窄症(ほうそうべんきょうさくしょう)」について見ていきます。

アキレス腱断裂 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

アキレス腱が切れると「ベタ足」と呼ばれる状態になってしまいます。今回は、猫の骨関節疾患、「アキレス腱断裂」について見ていきます。

マイコプラズマ多発性関節炎 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

体内に寄生している真正細菌が原因で発症する関節炎があります。今回は、猫の骨関節疾患、「マイコプラズマ多発性関節炎」について見ていきます。

軟部組織肉腫(なんぶそしきにくしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

体のいろいろな箇所で、皮膚に硬い塊ができる病気があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「軟部組織肉腫(なんぶそしきにくしゅ)」について見ていきます。