MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

アメリカンショートヘア : 船乗りネコの「アメショ」

 

船乗りネコの「アメリカンショートヘア」。我が家の猫「メオ」は「アメリカンショートヘア」です。

american_shorthair

Sponsored Link

アメリカンショートヘアの歴史・起源

「アメリカンショートヘア」は、10世紀にローマ人によって「ヨーロピアンショートヘア」という種類のネコをイギリスに連れて行ったことが始まりです。ローマ人に連れてこられたネコ「ヨーロピアンショートヘア」は、イギリス現地では「ブリティッシュショートヘア」という名前を付けられることになります。
その後(※これはアメショの話しとして有名ですが)、「メイフラワー号」という船に乗って、イギリスからアメリカに渡ります。これが1620年の出来事。「メイフラワー号」はもともとは貨物船で、イギリスとヨーロッパ各国(例えばフランスなど)との間で物を運んでいました。
この「メイフラワー号」でアメリカに渡った後に、またアメリカ現地で名前が変わり、現在の「アメリカンショートヘア」になったということです。

アメリカンショートヘアの性格

アメショは、アメリカでは「マウサー」と呼ばれるほど、もともとネズミを捕まえるのが得意な品種です。「メイフラワー号」での役割はネズミ捕りだったと言われています。
行動は機敏で好奇心旺盛な性格、人懐っこくて自由奔放ですが、泣き叫んだりすることはなく静かな性格のネコが多いと言われています。
また、頭がよく躾しやすいのも特徴ですが、人に抱かれるのを嫌う傾向があるようです。我が家の「メオ」も抱き上げられるとすぐに不機嫌な顔をします。

我が家の家族の一員「メオ」はアメショです

メオは純血のアメショですので、日本国籍のアメリカ人(猫?)です。
船に乗ってアメリカへ渡った「船乗りネコ」も、元をたどっていくと飼い主がローマ人だったとは、何だか不思議な感じがします。
メオは完全な「家ネコ」(室内ネコ)なので、他の猫と接する機会はほぼ無いのですが、やはり猫同士が顔をあわせると、日本人(猫?)なのか、ハーフなのか、はたまた外国人(猫?)なのか、猫同士でも感じるところはあるのでしょうか?

「アメリカンショートヘア」の基本データ

英語表記 American Short Hair
原産地 アメリカ合衆国
誕生時期 1600年代
発生スタイル 自然発生(※長時間をかけて種として確立されてきた品種)
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ セミコビー(※やや太い)
カラー 毛色:クラシックタビーパターン、マッカレルタビーパターン、単色、バイカラーなど多数、目色:毛色の濃さ準じる

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

ピクシーボブ : 体のサイズが大きくて尻尾が短い猫

「ピクシーボブ」は、体のサイズが大きくて尻尾が短いのが特徴です。また鳴き声が普通のネコとは違って個性的で鳥のようです。とても賢く、人の言葉を理解することに長けており洞察力に富んだネコです。

バーマン : 伝説を持つビルマの聖なる猫

ビルマの聖猫「バーマン」についてです。「バーマン」の起源は、はっきりとしたことはわかっていないのですが、幾つかの伝説があるようです。足先が白いので、まるで白い靴下を履いているように見えます。

ペルシャ : 長毛でフワフワな毛足が特徴

「ペルシャ」は、気高い雰囲気で愛嬌のある顔つき、フワフワな長毛が特徴で、古くヴィクトリア時代から人気があった品種です。

ソマリ : 「アビシニアン」の長毛種

もともと「アビシニアン」から生まれたため性格は「アビシニアン」ととても似ており、賢くて活発、好奇心旺盛なネコです。

コーニッシュレックス : パーマがかかったような毛並みが特徴の甘えん坊

「コーニッシュレックス」の一番の特徴は、とても印象的で変わっているパーマをかけたような縮れ毛。好奇心が強くて賢く頭の良いネコで、人見知りすることもないので飼いはじめでもすぐに打ち解けることができます。

ロシアンブルー : 飼い主に従順な猫

「ロシアンブルー」は飼い主に従順で人懐っこいため、「犬のような性格のネコ」と言われることもあります。
しかし、飼い主には従順で愛情を持つ一方、知らない人には人見知りするタイプでシャイな一面をもっています。

ベンガル : 「ジャガー」のような野生的な外見の猫

「ベンガル」といっても俳優のベンガルさんではありません。そもそも俳優のベンガルさんの由来は、「ベンガルの虎」という演劇から来ているようですので、ネコの「ベンガル」とは全く関係ないようです。

ラガマフィン : 「ラグドール」にとても似ている猫

「ラガマフィン」の元は「ラグドール」です。見た目だけでなく、性格も「ラグドール」にとても似ており、穏やかでやさしく賢いネコです。抱っこされるのが好きな珍しい品種です。

ヒマラヤン : 「シャム」と「ペルシャ」が一緒になった猫

「ヒマラヤン」は、長くて厚く絹のようにやわらかい、光沢のある毛質が特徴です。「ペルシャ」の体型と被毛に「シャム」の模様を持っているのが魅力のネコです。

ボンベイ : 黒ヒョウのような漆黒に輝く猫

ブリーダーにより黒ヒョウを意識して作られた猫の品種で、漆黒に輝いている毛並みがまるでインドの黒ヒョウのようなところから、インドの都市名である「ボンベイ」と名付けられました。