MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

エジプシャンマウ : 古代エジプトの壁画のような猫

 

古代エジプトのネコに似ている「エジプシャンマウ」についてです。

egyptian_Mau

by liz west

Sponsored Link

エジプシャンマウの起源

「マウ」というのは、エジプトの「ネコ」という言葉です。
原種はエジプトのカイロで発見されたネコで、イタリアのネコとの掛け合わせで改良され、エジプシャンマウが確立されました。
原産は、アメリカで品種として確立したため、エジプトではなくアメリカということになります。

エジプシャンマウの特徴

この品種は、もっとも古代エジプトのネコに似ているネコといわれているように、目つきやその立ち姿などは、まさに古代エジプトの壁画に描かれているようなネコ。
外見は斑点模様がとても野生的に見えます。
「ベンガル」や「オシキャット」もスポッテッドタビーという斑点模様を持っていますが、それらの品種が交配により作られたのに対し「エジプシャンマウ」の斑点模様は自然発生したものです。
性格は、野性的な外見から想像できるようなものとは違い、イエネコとして改良されているためおとなしいようです。

我が家のネコ「アメリカンショートヘア」の「メオ」の名前の由来は、ベトナム語の「ネコ」という意味の「コン・メオ」からとって「メオ」と名づけました。
ネコは、自分の名前や「ゴハン」など簡単な単語は記憶しています。
我が家のネコも「メオ」と呼ぶと、ちゃんと自分のことであるという認識をしていて近づいてきます。
家で「メオ」について話しをしていると、「メオ」という言葉に反応して自分のことを言われているということに感づいて擦り寄ってくるので、「メオ」に悟られたくないような会話をする際は、あえて「メオ」という名前はいわず「ヤツ」や「うちのネコ」などと置き換えて話しをします。
たとえば、そろそろ「メオ」をお風呂に入れたほうがよいのではないか、という会話をすると、自分の名前や「オフロ」という言葉から、嫌な予感がするようでソファーの下に隠れてしまいます。
そのような場合は「そろそろ「ヤツ」をお風呂に入れたほうが良いかなぁ」などと名前を置き換えて話しをします。
ネコは思っている以上に賢いヤツです。

Sponsored Link

「エジプシャンマウ」の基本データ

英語表記 Egyptian Mau
原産地 エジプト
誕生時期
発生スタイル
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ
カラー 毛色:、目色:

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

ノルウェージャンフォレストキャット : ノルウェーの森の猫

ノルウェーの神話の中にも登場する神秘的なネコ「ノルウェージャンフォレストキャット」についてです。

アメリカンショートヘア : 船乗りネコの”アメショ”

船乗りネコの「アメリカンショートヘア」。我が家の猫「メオ」は「アメリカンショートヘア」です。

スフィンクス : 耳が大きく無毛で個性的な猫

無毛に見える体と、毛が無いために見えるしわ、まっすぐに立っていてとても大きな耳など、とても個性的なネコ。無毛に見えますが実は全くの無毛ではなく、産毛に覆われていて、手触りはスウェードを触っているような感じがします。

ブリティッシュショートヘア : イギリス古来の猫

イギリスを起源とする品種の中で最も古い猫「ブリティッシュショートヘア」についてです。 by Mel

ヒマラヤン : 「シャム」と「ペルシャ」が一緒になった猫

「ヒマラヤン」は、長くて厚く絹のようにやわらかい、光沢のある毛質が特徴です。「ペルシャ」の体型と被毛に「シャム」の模様を持っているのが魅力のネコです。

ペルシャ : 長毛でフワフワな毛足が特徴

「ペルシャ」は、気高い雰囲気で愛嬌のある顔つき、フワフワな長毛が特徴で、古くヴィクトリア時代から人気があった品種です。

ジャパニーズボブテイル : しっぽがポンポンの日本猫

ハローキティーのモデルとなったネコが「ジャパニーズボブテイル」。しっぽが短いネコというと、「マンクス」や「アメリカンボブテイル」などがいますが、日本にも「ジャパニーズボブテイル」と言う品種のネコがいます。

アメリカンカール : 耳がカールしている猫!

耳がカールしているネコ「アメリカンカール」という品種についてです。「アメリカンカール」としての始まりは、なんと”迷い猫”です。アメリカ、カリフォルニア州レークランドに住んでいたグレース&ジョールーガ夫妻の家に、ある日子猫が迷い込んできてその家にそのまま住みついたのが始まりといわれています。

トンキニーズ : 「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」から生まれた猫

1950年代から1970年代にかけてアメリカやカナダで「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」との交配によって生まれた品種です。活発で遊び好き、好奇心旺盛でいつも動き回っているネコです。

バリニーズ : 身のこなし方がまるで”バリの踊り子”

「バリニーズ」は、まるで羽根のような尻尾を立てて歩く”エレガント”なところが特徴です。もともとは長毛の「シャム」ですが、性格は「シャム」と比較すると穏やか。