MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫のボディータイプ

 

6種類にわけられる猫のボディータイプについてです。

猫のボディータイプ
猫は一般的に、体型・体格によって大きく6つのボディータイプに振り分けられています。
6つのボディータイプ、「コビー・タイプ」「セミコビー・タイプ」「セミフォーリン・タイプ」「フォーリン・タイプ」「オリエンタル・タイプ」「ロングアンドサブスタンシャル・タイプ」について見ていきます。

「コビー・タイプ」(Cobby Type)

「コビー・タイプ」は、胴が短くて、太くて丸いがっしりした体型です。
手足も短めで頭も丸い形をしています。

「コビー・タイプ」の品種

「コビー・タイプ」の品種としては、「ペルシャ」「エキゾチックショートヘア」「マンクス」「バーミーズ(バーミューズ)」などがいます。
persian

「ペルシャ」

「セミコビー・タイプ」(Semi Cobby Type)

「セミコビー・タイプ」は、「コビー・タイプ」よりも胴や手足が長く、運動能力も高い体型の猫です。
尻尾が長い品種が多いのが特徴です。

「セミコビー・タイプ」の品種

「セミコビー・タイプ」の品種としては、「アメリカンショートヘア」「アメリカンワイヤーヘア」「マンチカン」「ヨーロピアンショートヘア」などがいます。
meo_Photo

「アメリカンショートヘア」の“メオ”

「セミフォーリン・タイプ」(Semi Foreign Type)

「セミフォーリン・タイプ」はやや細身の体型で、「セミコビー・タイプ」よりも胴体や手足が細く、「フォーリン・タイプ」よりも手足が短い体型です。

「セミフォーリン・タイプ」の品種

「セミフォーリン・タイプ」の品種としては、「アメリカンカール」「カリフォルニアスパングルド」「デボンレックス」「ハバナブラウン」などがいます。
california_Spangled

「カリフォルニアスパングルド」

「フォーリン・タイプ」(Foreign Type)

「フォーリン・タイプ」は細身の体型ですが、更に細い「オリエンタル・タイプ」ほど細くはなく、筋肉質な印象が強い体型です。

「フォーリン・タイプ」の品種

「フォーリン・タイプ」の品種としては、「アビシニアン」「ソマリ」「ロシアンブルー」「ジャパニーズボブテイル」などがいます。
russian_blue

「ロシアンブルー」

「オリエンタル・タイプ」(Oriental Type)

「オリエンタル・タイプ」は、体型としては最も細いタイプの猫で、手足や尻尾が長く、くさび形の顔の形が特徴の体型です。

「オリエンタル・タイプ」の品種

「オリエンタル・タイプ」の品種としては、「シャム」「ターキッシュアンゴラ」「コーニッシュレックス」「オリエンタルショートヘア」などがいます。
oriental_shorthair

「オリエンタルショートヘア」

「ロングアンドサブスタンシャル・タイプ」(Long and Substantial Type)

「ロングアンドサブスタンシャル・タイプ」は、がっしりして長いという意味で、他のタイプには属さず大型な体型です。

「ロングアンドサブスタンシャル・タイプ」の品種

「ロングアンドサブスタンシャル・タイプ」の品種としては、「ピクシーボブ」「サイベリアン」「ノルウェージャンフォレストキャット」「ベンガル」などがいます。
norwegian_forestcat

「ノルウェージャンフォレストキャット」

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

キムリック : 「マンクス」の長毛版

「キムリック」は1960年代にカナダで、「マンクス」の繁殖の過程で突然変異によって生まれた長毛のネコです。つまり「マンクス」の長毛版ネコです。

ロシアンブルー : 飼い主に従順な猫

「ロシアンブルー」は飼い主に従順で人懐っこいため、「犬のような性格のネコ」と言われることもあります。
しかし、飼い主には従順で愛情を持つ一方、知らない人には人見知りするタイプでシャイな一面をもっています。

マンチカン : 短い足がかわいらしいネコ版「ダックスフンド」

言わば、イヌの「ダックスフンド」のネコ版、「マンチカン」は足の短いところ(短足ネコ)が最大の特徴です。「マンチカン」という名前の由来は、「短縮」という意味(英語)で、短足でちょこちょこ動き回る姿はとても愛くるしく性格的にも好奇心旺盛で、くるみのような大きな目をしている、まさに愛されキャラのネコ。

シンガプーラ : “小さな妖精”

「シンガプーラ」は世界最小のネコの品種だと言われており、そこから「小さな妖精」という呼び名がついています。やさしい性格で、しかも体が小さいので、赤ちゃんがいる家でも安心して飼えるネコといえるでしょう。

シャム : 高級感ただようタイ王国の猫

もともとは「タイ」のネコで、王族や僧侶など高貴な身分の人たちに飼われていたネコだと言われています。「シャム」というのはタイ王国の旧名のこと、「シャム」は、別名「ロイヤルキャットオブシャム」とも言います。

バーミーズ(バーミューズ) : もともとはミャンマーの猫

もともとミャンマーにいたネコが起源である「バーミーズ(バーミューズ)」という品種のネコについてです。人懐っこく、おおらかな性格をしており、静かでおとなしいのであまり鳴くこともなく、また毛並みは短くて光沢があり、とても豊かな色彩をしているネコです。

バーマン : 伝説を持つビルマの聖なる猫

ビルマの聖猫「バーマン」についてです。「バーマン」の起源は、はっきりとしたことはわかっていないのですが、幾つかの伝説があるようです。足先が白いので、まるで白い靴下を履いているように見えます。

ラグドール : ぬいぐるみのような猫

「ラグドール」は英語で「ぬいぐるみ」の意味です。性格は人懐っこくおおらかで、「ラグドール」という名前にもあるとおり「ぬいぐるみ」のように抱っこされても嫌がることなく、むしろ喜んでくれるほどです。

ハバナブラウン : とても賢いけれど甘えん坊

「ハバナブラウン」は、1950年代のはじめにイギリスでブラウンの毛色の遺伝子を持ったシールポイントの「シャム」と、「シャム」の血が混ざった黒猫との交配で誕生しました。

エジプシャンマウ : 古代エジプトの壁画のような猫

古代エジプトのネコに似ている「エジプシャンマウ」。「マウ」というのは、エジプトの「ネコ」という言葉です。エジプシャンマウの原種はエジプトのネコと、イタリアのネコの掛け合わせのようです。