MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

エキゾチックショートヘア : “ぶさかわ”な猫

 

「エキゾチックショートヘア」は、まるで「ブルドッグ」のようにペチャっとした顔つきの”ぶさかわ”です。

exotic_shorthair

Sponsored Link

エキゾチックショートヘアの起源

原産はアメリカ。昔からお金持ちで豊かな家の人たちが飼育していた品種で、現在においても”お金持ち”が飼っているネコという印象が強い品種です。
同様に”お金持ち”に飼われていた品種として「ペルシャ」ネコが挙げら、現在においても高級な印象がもたれていますが、「ペルシャ」は毛足が長いのでそのお手入れが大変ということで、ペルシャネコが品種改良されて誕生したのが「エキゾチックショートヘア」です。

エキゾチックショートヘアの特徴

2015年12月までフジテレビ系で放映されていた、篠原良子主演のドラマ「オトナ女子」で登場した”ぶさかわ”ネコ「ちくわ」は、この「エキゾチックショートヘア」です。
“ぶさかわ”というだけあって、鼻が上を向いていて、まるで「ブルドッグ」のようにペチャっとした顔つきが特徴。
毛並みは短く、普段のグルーミングは簡単です。
毛の色や模様は様々。茶色もいれば、白黒、真黒や三毛などもいるようです。
顔はまん丸で、個人的には不細工な顔なのであんまり好みではありません。(ぶさかわより美形好みです。)
性格はおとなしく、あまり駆け回ったり動き回ることがないのが特徴。
ドラマの中でも、篠原良子に抱き上げられたりするシーンが何回もでてきますが、嫌な顔ひとつせず冷静な感じが印象に残っています。
毛足も短く、おとなしい猫なので、”ぶさかわ”好みの方は、同居するには静かでいいかもしれません。

 

同居している「アメリカンショートヘア」の「メオ」も普段おとなしく鳴き叫んだりすることもありませんが、「エキゾチックショートヘア」ほどではありません。
急に野性的になったように、部屋中を走り回ったりすることがあります。
でもいつも静かだと、逆に元気が無いのかと思って心配になるので、たまに元気な「メオ」の姿をみると安心します。
ネズミのおもちゃなどを出した時も、目を大きくして急に野性的な顔つきで元気になります。
(さすが「マウサー」、ねずみ取り動物と呼ばれただけあります。)
影に潜んで、おもちゃのネズミの動きをじっと睨んでいる姿は勇敢であると共にとてもかわいらしく思います。

Sponsored Link

「エキゾチックショートヘア」の基本データ

英語表記 Exotic Shorthair
原産地 アメリカ合衆国
誕生時期 1960年代
発生スタイル 人為的発生(※ブリーダーが猫同士を交配させて生まれた品種)
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ コビー(※太くて丸い)
カラー 毛色:ブラック、ホワイトなど単色のほか、タビーパターン、バイカラーなど全色、目色:毛色に準ずる

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

メインクーン : 見た目は野性的だけど心優しい猫

見た目は野性的だけど心優しいネコ。「メインクーン」は北アメリカでは最も古い歴史を持っているネコで、その起源についてはいくつかの説があるようです。

ヒマラヤン : 「シャム」と「ペルシャ」が一緒になった猫

「ヒマラヤン」は、長くて厚く絹のようにやわらかい、光沢のある毛質が特徴です。「ペルシャ」の体型と被毛に「シャム」の模様を持っているのが魅力のネコです。

コラット : 幸運の猫

「コラット」は幸福と反映の象徴として人々から大切にされてきたネコで、「シ・サワット(幸運のネコ)」という別名もあります。

トンキニーズ : 「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」から生まれた猫

1950年代から1970年代にかけてアメリカやカナダで「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」との交配によって生まれた品種です。活発で遊び好き、好奇心旺盛でいつも動き回っているネコです。

猫のボディータイプ

猫は一般的に、体型・体格によって大きく6つのボディータイプに振り分けられています。6つのボディータイプ、「コビー・タイプ」「セミコビー・タイプ」「セミフォーリン・タイプ」「フォーリン・タイプ」「オリエンタル・タイプ」「ロングアンドサブスタンシャル・タイプ」について見ていきます。

ボンベイ : 黒ヒョウのような漆黒に輝く猫

ブリーダーにより黒ヒョウを意識して作られた猫の品種で、漆黒に輝いている毛並みがまるでインドの黒ヒョウのようなところから、インドの都市名である「ボンベイ」と名付けられました。

キムリック : 「マンクス」の長毛版

「キムリック」は1960年代にカナダで、「マンクス」の繁殖の過程で突然変異によって生まれた長毛のネコです。つまり「マンクス」の長毛版ネコです。

オリエンタルロングヘア : 「オリエンタルショートヘア」の長毛種

「オリエンタルロングヘア」は、「シャム」との交配により生まれた「オリエンタルショートヘア」の育種の過程に生まれた長毛種のネコです。性格は、「シャム」の性質を受け継ぎ人懐っこくて甘えん坊です。

ブリティッシュショートヘア : イギリス古来の猫

イギリスを起源とする品種の中で最も古い猫「ブリティッシュショートヘア」についてです。 by Mel

デボンレックス : ウェービーな毛質が特徴の“小さな妖精”

一番の特徴はそのウェービーな縮れ毛です。また耳がとても大きくて低い位置についています。喜ぶとまるでイヌのように尻尾を振ったりすることから「プードルのようなネコ」などと言われることもあるようです。