MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫がフェロモンを感じた時にするレア顔

 

猫はフェロモンを感じると目を見開いて口を半開きにして放心状態になります。

口を開ける猫
猫が目を見開いて口を半開きにして固まっていたとしても、それは臭いにおいを嗅いでショックで口を半開きにしているわけではありません。

猫はたまに匂いを嗅ぐと目を見開いて口を半開きにし放心状態になる

一日、仕事でがんばってきて、帰った後の靴下は匂います。
そんな靴下の匂いをわざわざ嗅いで、猫が目を見開いて口を半開きにして放心状態になっていてもそれは匂いにショックを受けたからではありません。
たまに猫が自分のおしりの匂いを嗅いで、目を見開いて口を半開きにして放心状態になっていることもありますが、これも匂いにショックを受けたからではありません。

「フレーメン反応」という生理現象

メオの顔
この、猫が目を見開いて口半開きにして放心状態に見える行動は、「フレーメン反応」という生理現象です。
猫の大好物である「またたび」を与えた時に感じるのと同じく、口蓋の奥にある「鋤鼻器(じょびき)」、または「ヤコブソン器官」という嗅覚器官でフェロモンかどうか確かめようとしている姿が「フレーメン反応」です。
「鋤鼻器(ヤコブソン器官)」は、両生類や爬虫類、鳥類に加え、ネコを含めた一部の哺乳類、たとえばウシやウマ、ヒツジ、ゾウ、コウモリも持っており、同様に「フレーメン反応」を引き起こします。
人間の「鋤鼻器(ヤコブソン器官)」についても存在は確認されているようですが、機能しているのかどうかははっきりとはわかっていないようで謎の残る気管となっています。
猫が目を見開いて口を半開きにしていたとしても、それは異性のフェロモンと似ている匂いを嗅いだ時に、集中して確かめようとしている姿ですので、匂いの臭さにショックを受けているわけではなく、むしろ自分好みのフェロモンを感じている姿ですので、安心してください。

舌を出す猫

舌を出す猫
猫が「フレーメン反応」を起こしてフェロモンを感じながら目を見開いて口を半開きにしている時に、たまに見られるのがベロも一緒に出ているパターンです。
しかし、舌を出していたからといって、必ずしもそれがフレーメン反応中というわけでもありません。
猫はどうやら単純に舌をしまい忘れているという場合も、たまにはあるようです。
猫の小さな前歯の間から舌が出てしまって気づいていないこともありますし、毛づくろいの途中で疲れて、舌を出したまま休憩している時もあるようです。
「フレーメン反応」にしてもベロのしまい忘れにしてもあまり頻繁に見られる姿ではなく、そのマヌケな顔は”レア顔”です。

 - 猫の行動 ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

しっぽでわかる猫の気持ち

猫は感情をしっぽにも表します。猫の気持ちを知るための一つの方法としてしっぽを観察してみるというのも有効な手段です。今回はしっぽの状態から気持ちがわかる代表的な例を見ていきます。

猫のゴロリン行動、邪魔をしてくる時の心理

猫は本能的に、弱いところを攻撃されないように体を守っていますが、とても柔らかくてもし攻撃された場合に弱点となりうるおなかを見せてゴロリンと寝転がるということは飼い主を信頼している証拠です。目の前で急にゴロリンと寝転がった場合は、猫が遊んで欲しいと思っている時です。

猫のスリスリ行動

帰宅すると猫は待っていたかのように玄関まで迎えに来てくれて、足元にスリスリからだをこすりつけてきたりします。飼い主は愛情表現だと思ってメロメロになりますが、どうやら猫にとっての目的は愛情表現ではないようです。