MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫の「またたび」の好きっぷりにはいつも驚き

 

猫が大好きな「またたび」についてです。

またたびメオ
大好物であることを例えて「猫にまたたび、お女郎に小判」などと言われるほど、猫は「またたび」が大好きです。

Sponsored Link

猫がまたたびを食べて転げまわる「またたび踊り」

猫に「またたび」を与えると、またたびに擦り寄って転がったり、時には床を転げまわるほどメロメロになってしまいます。
猫がまたたびに反応している姿を「またたび踊り」などと言ったりしますが、猫をこのような状態にしてしまうのもとは一体何なのでしょうか?
また、そもそも通常とは違う状態にさせてしまう「またたび」は、与えても良いものなのでしょうか。

猫をうっとりさせてしまう原因はまたたびの匂いにある

猫を反応させる原因は、「またたび」に含まれている「マタタビラクトン」と「アクチニジン」という物質の臭気であると言われています。
「マタタビ反応」はネコ科の動物に共通で見られる反応のようで、ライオンやトラなども同じ反応を示します。
ただ、「またたび」に反応する猫はおよそ80%くらいのようですので、中には反応しない猫もいます。
また子猫や妊娠中の猫にも「マタタビ反応」は現れないようです。
猫は口蓋に「鋤鼻器(じょびき)」、または「ヤコブソン器官」という嗅覚器官をもっており、そこでフェロモン物質の匂いを感じることができます。
「またたび」の匂いを「鋤鼻器(じょびき)」で感じることで、「マタタビ反応」を引き起こしているようです。

「またたび」という名前の由来

またたびの葉
「またたび」という名前の由来としては、幾つかの説があるようです。
その昔、旅人が疲れきっていたところで「またたび」の実を食したところ、元気になって“また旅”を続けることが出来たというところから「またたび」という名前になった説。
醍醐天皇に仕えた医学者の深根輔仁(ふかねの すけひと)が書いた「本草和名(ほんぞうわみょう)」という薬物辞典では「和多々比(わたたひ)」、平安時代に書かれた「延喜式」には「和太太備(わたたび)」という言葉で記載されているのでそれが変形して「またたび」と呼ばれるようになった説。
実の形が長いものや平らなものがあるので「またつみ」の意味であるというという説などです。

そもそも猫に「またたび」を与えても良いのか

猫の「マタタビ反応」をみていると、普通ではない状態になってしまうので少し心配になってきますが、猫の体に害はないのでしょうか。
「またたび」に含まれている「マタタビラクトン」、「アクチニジン」には麻薬のような常習性はなく、また副作用もないので体を害するということはないようです。
ただし、与え過ぎには注意が必要です。
「マタタビ反応」を引き起こしているのは猫の脳ですので、あまり与え過ぎると呼吸困難になることもあるようですので、極端に与えすぎることは避けるべきです。
ただ、猫の気を引きたい時や、食欲が無いときなどに適度に与える分には問題ありませんので、飼い主はうまく「またたび」を活用するのがよいでしょう。

 - 猫の健康・病気 ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

病気は早期発見が重要!猫の行動をみて異変をチェック

ほんの些細な違いでも、早めに気づいてあげることが病気や怪我の早期発見につながります。違った行動をとっていたら、猫の体の調子が悪い時のではないか疑ってみましょう。

食道狭窄(しょくどうきょうさく) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

食道の一部が狭くなってしまい、食べたものが食道を通過できなくなってしまうことがあります。今回は、猫における消化器系の異常、「食道狭窄(しょくどうきょうさく)」について見ていきます。

拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の大きさが拡大し、心臓の筋肉の動きが悪くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)」について見ていきます。

三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の右心室入り口に存在する「三尖弁(さんせんべん)」という弁が正しく閉じなくなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

脱毛症、食物アレルギー : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

猫が感じるストレスや、ノミ、ダニの寄生が原因となる皮膚病があります。今回は、猫における皮膚の病気、「脱毛症」「食物アレルギー」について見ていきます。

[放線菌症(ほうせんきんしょう)]アクチノミセス症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

主に土の中にいる細菌による細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「放線菌症(ほうせんきんしょう)」のうち、「アクチノミセス症」について見ていきます。

腎盂腎炎(じんうじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓や腎臓から尿管につながる部分の腎盂(じんう)における炎症があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」について見ていきます。

脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)、脊椎奇形(せきついきけい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脊髄における異常についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)」「脊椎奇形(せきついきけい)」について見ていきます。

多発性筋炎(たはつせいきんえん)、感染性筋炎(かんせんせいきんえん)、咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

筋肉疾患を総称して「ミオパシー」とも呼ばれます。今回は、猫の筋肉疾患、「多発性筋炎(たはつせいきんえん)」「感染性筋炎(かんせんせいきんえん)、咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)」について見ていきます。

[骨肉腫(こつにくしゅ)]体軸骨格における骨肉腫 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「骨肉腫」は、発生部位により大きく「体軸骨格」と「四肢骨格」の二つに分類されます。今回は、猫における腫瘍性疾患「骨肉腫」のうち、「体軸骨格における骨肉腫」について見ていきます。