MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫が誤食しないように気をつけるべき植物(花・葉・茎)

 

部屋に飾っている花や観葉植物の中には猫が食べると危険な植物があります。

花と猫
万が一猫が口にしてしまうと命取りになる花や観葉植物がたくさんあります。
今回は、猫が口にすると危険で、且つ部屋に飾ってあっても不思議ではない植物の一部について見ていきます。
なお、猫が誤食すると危険な植物は、今回取り上げる植物だけではありませんので、部屋に植物を置く場合は十分に注意が必要です。

Sponsored Link

「アロエ」

アロエ
「アロエ」が入っているヨーグルトや、「アロエ」エキス入りのドリンクなど人間が食する植物として定着している「アロエ」ですが、猫が「アロエ」の葉液を口にすると体調を崩して下痢を起こします。
これは「アロエ」に含まれる「バルバロイン」という成分が引き起こす症状です。
「アロエ」の鉢植えなどを置いている場合は、猫の手の届かないところに置くなどの注意が必要です。

「ユリ」

ユリ
「ユリ」も、花瓶に行けた切り花を部屋に飾ることが多い花ですが、猫が「ユリ」を口にするとユリ中毒になり極めて危険です。
「ユリ」を口にしてしまった場合、嘔吐や下痢、手足のしびれや全身麻痺、呼吸困難に陥り、最悪の場合は死に至ることもありますので、十分注意しましょう。

「紫陽花(アジサイ)」

あじさい
「紫陽花」には毒性がありますので、猫だけでなく人間も口にすると危険な植物です。
「紫陽花」を口にすると、痙攣や麻痺、歩行障害、呼吸障害が起こり、最悪の場合死に至ることもあります。
これは「紫陽花」に含まれている青酸配糖体という中毒性を持った物質が原因という説がありますが、実は原因の特定はまだされておらず、はっきりとはわかりません。
アジサイも家に飾る機会がある花ですが、猫の手の届かないところなどに置くことが大切です。

「桔梗(キキョウ)」

キキョウ
「桔梗」の根には「サポニン」という物質を多く含んでおり人間には生薬として鎮痛作用や解熱作用のために服用されている植物ですが、毒性があるため、猫に与えるのは危険です。
「桔梗」を口にした猫は、歩行障害や意識障害、心臓麻痺や呼吸障害などが起こり、最悪の場合死に至ることもあります。

「アマリリス」

アマリリス
「アマリリス」はヒガンバナ科の植物で、ヒガンバナ科の植物は球根や茎などにリコリンという毒性の強い物質を含んでいるため、注意が必要です。
「アマリリス」やほかのヒガンバナ科の植物を口にすると、嘔吐や下痢、症状が重い場合は、意識障害や昏睡状態になり、最悪の場合は死に至ることもあります。
家に飾る場合もそうですが、もし家の外に連れて行くことがあったとしても、近づかせないことが大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

猫は「青魚」を食べ過ぎると病気になる

ネコが「サンマ」や「イワシ」などの「青魚」を食べ続けると、おなかや胸のあたりにしこりができ始め、皮下脂肪が炎症を起こし、痛みを感じるようになり、すると人に触られるのを嫌がったり歩行障害を起こしたり、症状がひどいと死んでしまうこともあります。

僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」の開口部が奇形のため狭くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁狭窄症(ほうそうべんきょうさくしょう)」について見ていきます。

三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の右心室入り口に存在する「三尖弁(さんせんべん)」という弁が正しく閉じなくなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

生まれる前の胎生期から出生後に変化すべきものが変化しなかったことにより発生する病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)」について見ていきます。

腎臓における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

腎臓における腫瘍が発見された時は重篤な場合が多く、そのほとんどは悪性腫瘍です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「腎臓における腫瘍」について見ていきます。

原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)、灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」は脳実質に炎症を起こしている状態です。今回は、猫の脳脊髄疾患、「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」について見ていきます。

猫ウイルス性呼吸器疾患、慢性気管支炎 : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

ウイルス性の呼吸器疾患は、ある程度防御効果が見込めるワクチン接種が効果的です。今回は、猫における呼吸器系の病気、「猫ウイルス性呼吸器疾患」「慢性気管支炎(細気管支炎)」について見ていきます。

腸炎(ちょうえん)、肛門嚢炎(こうもんのうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

病気でトイレが不快だと非常に辛いのは猫も一緒です。今回は、猫における消化器系の病気、「腸炎(ちょうえん)」、「肛門嚢炎(こうもんのうえん)」について見ていきます。

猫にお餅を食べさせてはいけません!

猫が「お餅」や「お団子」を食べてしまうことでの危険性は、喉をつまらせてしまうことや、歯や顎に「お餅」や「お団子」がくっついてしまうというリスクにあります。

線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)、脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脊髄における疾患についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)」「脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。