MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫が誤食しないように気をつけるべき植物(花・葉・茎)

 

部屋に飾っている花や観葉植物の中には猫が食べると危険な植物があります。

花と猫
万が一猫が口にしてしまうと命取りになる花や観葉植物がたくさんあります。
今回は、猫が口にすると危険で、且つ部屋に飾ってあっても不思議ではない植物の一部について見ていきます。
なお、猫が誤食すると危険な植物は、今回取り上げる植物だけではありませんので、部屋に植物を置く場合は十分に注意が必要です。

Sponsored Link

「アロエ」

アロエ
「アロエ」が入っているヨーグルトや、「アロエ」エキス入りのドリンクなど人間が食する植物として定着している「アロエ」ですが、猫が「アロエ」の葉液を口にすると体調を崩して下痢を起こします。
これは「アロエ」に含まれる「バルバロイン」という成分が引き起こす症状です。
「アロエ」の鉢植えなどを置いている場合は、猫の手の届かないところに置くなどの注意が必要です。

「ユリ」

ユリ
「ユリ」も、花瓶に行けた切り花を部屋に飾ることが多い花ですが、猫が「ユリ」を口にするとユリ中毒になり極めて危険です。
「ユリ」を口にしてしまった場合、嘔吐や下痢、手足のしびれや全身麻痺、呼吸困難に陥り、最悪の場合は死に至ることもありますので、十分注意しましょう。

「紫陽花(アジサイ)」

あじさい
「紫陽花」には毒性がありますので、猫だけでなく人間も口にすると危険な植物です。
「紫陽花」を口にすると、痙攣や麻痺、歩行障害、呼吸障害が起こり、最悪の場合死に至ることもあります。
これは「紫陽花」に含まれている青酸配糖体という中毒性を持った物質が原因という説がありますが、実は原因の特定はまだされておらず、はっきりとはわかりません。
アジサイも家に飾る機会がある花ですが、猫の手の届かないところなどに置くことが大切です。

「桔梗(キキョウ)」

キキョウ
「桔梗」の根には「サポニン」という物質を多く含んでおり人間には生薬として鎮痛作用や解熱作用のために服用されている植物ですが、毒性があるため、猫に与えるのは危険です。
「桔梗」を口にした猫は、歩行障害や意識障害、心臓麻痺や呼吸障害などが起こり、最悪の場合死に至ることもあります。

「アマリリス」

アマリリス
「アマリリス」はヒガンバナ科の植物で、ヒガンバナ科の植物は球根や茎などにリコリンという毒性の強い物質を含んでいるため、注意が必要です。
「アマリリス」やほかのヒガンバナ科の植物を口にすると、嘔吐や下痢、症状が重い場合は、意識障害や昏睡状態になり、最悪の場合は死に至ることもあります。
家に飾る場合もそうですが、もし家の外に連れて行くことがあったとしても、近づかせないことが大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

不正咬合(ふせいこうごう)、口蓋裂(こうがいれつ) : 飼い主が知っておきたい口の病気

猫の口や鼻周辺における異常についてです。今回は、猫における猫における口の異常、「不正咬合(ふせいこうごう)」、「口蓋裂(こうがいれつ)」について見ていきます。

目における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

猫の目における悪性腫瘍についてです。今回は、猫における腫瘍性疾患、「目における腫瘍」について見ていきます。

骨折、外傷性脱臼 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

猫の骨関節疾患についてです。今回は、猫の骨関節疾患として、「骨折」「外傷性脱臼」について見ていきます。

上皮小体(じょうひしょうたい)(副甲状腺)における腫瘍、膵臓(すいぞう)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「上皮小体(じょうひしょうたい)」の腫瘍は、猫においては稀なケースではあるようです。今回は、猫における腫瘍性疾患、「上皮小体(じょうひしょうたい)における腫瘍」「膵臓(すいぞう)における腫瘍」について見ていきます。

精巣腫瘍(せいそうしゅよう)、尿路結石症(にょうろけっせきしょう) : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オス猫を飼っている場合は、オス特有の病気にも注意が必要です。今回は、オス猫の病気、「精巣腫瘍(せいそうしゅよう)」「尿路結石症(にょうろけっせきしょう)」について見ていきます。

軟部組織肉腫(なんぶそしきにくしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

体のいろいろな箇所で、皮膚に硬い塊ができる病気があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「軟部組織肉腫(なんぶそしきにくしゅ)」について見ていきます。

猫に生の「エビ」や「カニ」を食べさせてはいけません

ネコに生の甲殻類を食べさせてしまうと、中毒を引き起こして嘔吐や下痢を引き起こすことがあります。同様の理由により、「コイ」や「ワカサギ」などの淡水魚もネコに与えては行けないものとして、要注意です。

前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

膝の中に位置する靭帯の損傷、断裂についてです。今回は、猫の骨関節疾患、「前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ)」について見ていきます。

脳腫瘍(のうしゅよう)、脳血管障害(のうけっかんしょうがい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脳における病気についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「脳腫瘍(のうしゅよう)」「脳血管障害(のうけっかんしょうがい)」について見ていきます。

胆管系(たんかんけい)における腫瘍、膀胱(ぼうこう)腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

猫における腫瘍としては、肝臓腫瘍よりも多く発生する可能性があるのが単館系の腫瘍です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「胆管系(たんかんけい)の腫瘍」「膀胱(ぼうこう)腫瘍」について見ていきます。