MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫も食べられる果物

 

猫の体に良くない果物がある一方、猫でも食べられる果物もあります。

果物屋
猫に食べさせてはいけない果物や、できればあまり食べさせたくない果物もありますが、全てがダメなわけではなく、猫の体にもよい果物もあります。
ただし、果物は全般的に糖分が高いので、くれぐれも食べさせすぎは禁物です。

Sponsored Link

腸内環境を整えてくれる「りんご」

りんご
人間もお腹の調子が悪いときに「りんご」を食べると腸内環境を整える役割があるということで、よく食べられてきた果物ですが、猫にとっても同様の効果があるようです。
「りんご」には、「ペクチン」という水溶性食物繊維が含まれており、「ペクチン」には整腸作用があります。
これは人間も猫も同様の働きをするので、猫が便秘になったときには適量であれば与えてみるのも良いかもしれません。
ただし、猫に「りんご」を与えるにしてもあくまで適量です。
猫は体が小さいので人が食べるのと同様に考えてしまってはいけません。
猫にとっての適量は、「りんご」を刻んで猫の一口分くらいです。
「りんご」は糖分が多く含まれておりますので、与え過ぎると糖尿病になってしまったり、肥満を引き起こす原因になってしまいますので、注意が必要です。

食物繊維が豊富な「いちご」

いちご
「いちご」は食物繊維を多く含んでいますので、猫にとっても人間にとっても腸内環境を整える働きをします。
ただし、猫にとって「いちご」の適量は、一粒の半分くらいです。
これを超えて猫に「いちご」を食べさせてしまうと、腸内環境を整えるどころか下痢になってしまいますので、与え過ぎには注意しましょう。

「メロン」も適量であれば食べられます

メロン
「メロン」も水分が多く含まれているため、水分補給として猫が食べてもよい果物です。
ただし、「メロン」にはカリウムが多く含まれているため、あまり与え過ぎると猫の腎臓に負担をかけてしまうため注意しましょう。
猫にとっての適量は、刻んで食べられる一口分程度です。

「スイカ」も「メロン」と同様、水分補給としては問題なし

スイカ
「スイカ」も水分補給として猫も食べられる果物です。
ただし、「メロン」と同様にカリウムを多く含んでいるので、食べ過ぎにより腎臓の負担が増えることがありますので、与える量はコントロールしましょう。
猫にとって「スイカ」の適量は、大さじ1杯程度です。

水分豊富な「梨」

梨
「梨」は、果実の殆どが水分であるため、猫が食べても大きな害はありません。
水分を取るために与えるということであれば問題ない果物です。
ただ、実は体に良いというわけでもありませんので、好まないのであれば与える必要もない果物です。
「梨」は果実が硬いため、もし与える場合は喉につまらせるようなことが無いよう小さく切ったものを与えるようにしましょう。

水分補給としての「桃」

桃
「桃」も水分を豊富に含んでいる果物で、果実であれば猫が食べてもよい果物です。
与える場合は刻んで猫の一口分程度を目安にあげましょう。
ただし、「桃」の種は猫に与えてはいけません。
「桃」の種には中毒性がありますので、与える場合は果実だけを与えるようにしましょう。

※こちらもチェック!⇒「危険!猫に食べさせてはいけない果物

※こちらもチェック!⇒「できれば猫には食べさせないほうが良い果物

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

膝の中に位置する靭帯の損傷、断裂についてです。今回は、猫の骨関節疾患、「前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ)」について見ていきます。

腎不全(じんふぜん)、尿失禁 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

2つの腎臓は体内の水分量を適切に保ち血液の不純物をろ過するための大事な器官です。今回は、猫における消化器系の病気、「腎不全(じんふぜん)」、「尿失禁(にょうしっきん)」について見ていきます。

肝リピドーシス : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

肝細胞に過剰に脂肪が蓄積する、猫の脂肪肝についてです。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「肝リピドーシス」について見ていきます。

重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の筋肉における疾患についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」「筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー」について見ていきます。

原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)、灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」は脳実質に炎症を起こしている状態です。今回は、猫の脳脊髄疾患、「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」について見ていきます。

骨腫(こつしゅ)、脳腫瘍(のうしゅよう) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

転移しない良性腫瘍が大きくなりすぎて悪化したり、ゆっくりと成長する腫瘍があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「骨腫(こつしゅ)」「脳腫瘍(のうしゅよう)」について見ていきます。

咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)、腫瘍随伴性筋炎(ずいはんせいきんえん) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の体の筋肉に起こる病気についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)」「腫瘍随伴性筋炎(しゅようずいはんせいきんえん)」について見ていきます。

野兎病(やとびょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

もともとは野うさぎやリス、ネズミなどの病気でしたが猫に対しても病原性のある病気があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「野兎病(やとびょう)」について見ていきます。

脾臓(ひぞう)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

脾臓(ひぞう)における腫瘍では「肥満細胞腫」「リンパ腫」の発生リスクが高い傾向にあります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「脾臓(ひぞう)における腫瘍」について見ていきます。

赤血球増加症(多血症) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

赤血球減少によって起こるのが「貧血」ですが、逆に赤血球が増加する病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「赤血球増加症」(多血症)について見ていきます。