MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ヨーロピアンショートヘア : 歴史あるヨーロッパの血統種

 

数が少なく珍しい品種「ヨーロピアンショートヘア」についてです。

european_shorthair

Sponsored Link

ヨーロピアンショートヘアの起源

20世紀後半(1982年)までは、もともと「ブリティッシュショートヘア」と同種として分類されていたということもあり、あまり名前を知られていない品種です。
起源はヨーロッパ大陸で、歴史あるヨーロッパの血統を引き継ぐネコとしてヨーロッパ大陸で確立されたネコです。
これまでネコのブリーダーにあまり興味を持たれない品種だったため、「ブリティッシュショートヘア」や「アメリカンショートヘア」ほど繁殖がなく、現在、非常に数が少ない品種となっています。

ヨーロピアンショートヘアの特徴

「ヨーロピアンショートヘア」は、「ブリティッシュショートヘア」や「アメリカンショートヘア」と特徴がよく似ている品種で、あまり知名度がないため珍しいネコです。
毛並みは短めで、色は多種多様、模様は「スポット」や「タビー」です。
ヨーロピアンショートヘアは、トイレや食事などしつけがしやすいお利口なネコ。
性格的におとなしくて甘え上手でお利口なうえ、目がクリっとしていたり外見も美しいネコなので、一緒に暮らすには理想的なネコかもしれません。
ただ、数が少ないということもありペットショップなどでもあまりその姿を見ることはないですね。

ネコは従順なイメージの強いイヌと違い自立したイメージがあり、あまり人に懐かない印象がありますが、ネコも年をとるにつれてどんどん人懐っこくなってきます。
7歳になる「アメリカンショートヘア」の「メオ」も子供の頃と比べると大分、性格が変わってきました。
飼い主としては、日に日にかわいくて仕方が無くなってきます。

Sponsored Link

「ヨーロピアンショートヘア」の基本データ

英語表記 European Shorthair
原産地 ヨーロッパ
誕生時期 1982年
発生スタイル 自然発生(※長時間をかけて種として確立されてきた品種)
公認団体 ACFA(American Cat Fanciers Association)、FIFe(Federation Internationale Feline)
ボディタイプ セミコビー(※やや太い)
カラー 毛色:タビー、スポットなど全て、目色:毛色に準ずる

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

ラグドール : ぬいぐるみのような猫

「ラグドール」は英語で「ぬいぐるみ」の意味です。性格は人懐っこくおおらかで、「ラグドール」という名前にもあるとおり「ぬいぐるみ」のように抱っこされても嫌がることなく、むしろ喜んでくれるほどです。

ラガマフィン : 「ラグドール」にとても似ている猫

「ラガマフィン」の元は「ラグドール」です。見た目だけでなく、性格も「ラグドール」にとても似ており、穏やかでやさしく賢いネコです。抱っこされるのが好きな珍しい品種です。

ピクシーボブ : 体のサイズが大きくて尻尾が短い猫

「ピクシーボブ」は、体のサイズが大きくて尻尾が短いのが特徴です。また鳴き声が普通のネコとは違って個性的で鳥のようです。とても賢く、人の言葉を理解することに長けており洞察力に富んだネコです。

猫のボディータイプ

猫は一般的に、体型・体格によって大きく6つのボディータイプに振り分けられています。6つのボディータイプ、「コビー・タイプ」「セミコビー・タイプ」「セミフォーリン・タイプ」「フォーリン・タイプ」「オリエンタル・タイプ」「ロングアンドサブスタンシャル・タイプ」について見ていきます。

オリエンタルロングヘア : 「オリエンタルショートヘア」の長毛種

「オリエンタルロングヘア」は、「シャム」との交配により生まれた「オリエンタルショートヘア」の育種の過程に生まれた長毛種のネコです。性格は、「シャム」の性質を受け継ぎ人懐っこくて甘えん坊です。

デボンレックス : ウェービーな毛質が特徴の“小さな妖精”

一番の特徴はそのウェービーな縮れ毛です。また耳がとても大きくて低い位置についています。喜ぶとまるでイヌのように尻尾を振ったりすることから「プードルのようなネコ」などと言われることもあるようです。

アメリカンショートヘア : 船乗りネコの”アメショ”

船乗りネコの「アメリカンショートヘア」。我が家の猫「メオ」は「アメリカンショートヘア」です。

ブリティッシュショートヘア : イギリス古来の猫

イギリスを起源とする品種の中で最も古い猫「ブリティッシュショートヘア」についてです。 by Mel

トンキニーズ : 「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」から生まれた猫

1950年代から1970年代にかけてアメリカやカナダで「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」との交配によって生まれた品種です。活発で遊び好き、好奇心旺盛でいつも動き回っているネコです。

ラパーマ : 巻き毛を意味する「パーマネント」から名付けられた猫

「ラパーマ」の外見的な特徴は、名前にもあるようにそのカールした被毛です。なお、「ラパーマ」には長毛のネコと短毛のネコの2種類が存在します。カールした被毛は、特に耳の付け根のあたりと顎の下に強く現れます。