MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ヨーロピアンショートヘア : 歴史あるヨーロッパの血統種

 

数が少なく珍しい品種「ヨーロピアンショートヘア」についてです。

european_shorthair

Sponsored Link

ヨーロピアンショートヘアの起源

20世紀後半(1982年)までは、もともと「ブリティッシュショートヘア」と同種として分類されていたということもあり、あまり名前を知られていない品種です。
起源はヨーロッパ大陸で、歴史あるヨーロッパの血統を引き継ぐネコとしてヨーロッパ大陸で確立されたネコです。
これまでネコのブリーダーにあまり興味を持たれない品種だったため、「ブリティッシュショートヘア」や「アメリカンショートヘア」ほど繁殖がなく、現在、非常に数が少ない品種となっています。

ヨーロピアンショートヘアの特徴

「ヨーロピアンショートヘア」は、「ブリティッシュショートヘア」や「アメリカンショートヘア」と特徴がよく似ている品種で、あまり知名度がないため珍しいネコです。
毛並みは短めで、色は多種多様、模様は「スポット」や「タビー」です。
ヨーロピアンショートヘアは、トイレや食事などしつけがしやすいお利口なネコ。
性格的におとなしくて甘え上手でお利口なうえ、目がクリっとしていたり外見も美しいネコなので、一緒に暮らすには理想的なネコかもしれません。
ただ、数が少ないということもありペットショップなどでもあまりその姿を見ることはないですね。

ネコは従順なイメージの強いイヌと違い自立したイメージがあり、あまり人に懐かない印象がありますが、ネコも年をとるにつれてどんどん人懐っこくなってきます。
7歳になる「アメリカンショートヘア」の「メオ」も子供の頃と比べると大分、性格が変わってきました。
飼い主としては、日に日にかわいくて仕方が無くなってきます。

「ヨーロピアンショートヘア」の基本データ

英語表記 European Shorthair
原産地 ヨーロッパ
誕生時期 1982年
発生スタイル 自然発生(※長時間をかけて種として確立されてきた品種)
公認団体 ACFA(American Cat Fanciers Association)、FIFe(Federation Internationale Feline)
ボディタイプ セミコビー(※やや太い)
カラー 毛色:タビー、スポットなど全て、目色:毛色に準ずる

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

ベンガル : 「ジャガー」のような野生的な外見の猫

「ベンガル」といっても俳優のベンガルさんではありません。そもそも俳優のベンガルさんの由来は、「ベンガルの虎」という演劇から来ているようですので、ネコの「ベンガル」とは全く関係ないようです。

マンチカン : 短い足がかわいらしいネコ版「ダックスフンド」

言わば、イヌの「ダックスフンド」のネコ版、「マンチカン」は足の短いところ(短足ネコ)が最大の特徴です。「マンチカン」という名前の由来は、「短縮」という意味(英語)で、短足でちょこちょこ動き回る姿はとても愛くるしく性格的にも好奇心旺盛で、くるみのような大きな目をしている、まさに愛されキャラのネコ。

セルカークレックス : 被毛がカールしていてモコモコな猫

「セルカークレックス」は被毛がカールしているのが特徴で、「セルカークレックス」と同様にカールしている毛並みを持っている「コーニッシュレックス」や「デボンレックス」の中でも一番新しい品種です。

ジャパニーズボブテイル : しっぽがポンポンの日本猫

ハローキティーのモデルとなったネコが「ジャパニーズボブテイル」。しっぽが短いネコというと、「マンクス」や「アメリカンボブテイル」などがいますが、日本にも「ジャパニーズボブテイル」と言う品種のネコがいます。

スノーシュー : 白い靴下を履いている猫

「スノーシュー」は、「シャム」の子猫の中に白い靴下をはいたように脚の先が白いネコを偶然に見つけたことから始まりました。その名の通り、足先が白く雪靴をはいているような、もしくは白い靴下を履いているような模様が特徴のネコです。

猫の品種における発生スタイル

猫の品種における発生スタイルは大きく分けて、「人為的発生」「突然変異的発生」「自然発生」の3つに分類されます。3種類の、猫の発生スタイルについて一つずつ見ていきます。

メヌエット(ナポレオン) : 短足、フワフワな猫

「メヌエット(ナポレオン)」は、「マンチカン」を元に「ペルシャ」や「ヒマラヤン」「エキゾチックショートヘア」などとの掛けあわせにより生まれた、最近誕生したばかりの品種です。

ブリティッシュショートヘア : イギリス古来の猫

イギリスを起源とする品種の中で最も古い猫「ブリティッシュショートヘア」についてです。 by Mel

トンキニーズ : 「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」から生まれた猫

1950年代から1970年代にかけてアメリカやカナダで「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」との交配によって生まれた品種です。活発で遊び好き、好奇心旺盛でいつも動き回っているネコです。

ラパーマ : 巻き毛を意味する「パーマネント」から名付けられた猫

「ラパーマ」の外見的な特徴は、名前にもあるようにそのカールした被毛です。なお、「ラパーマ」には長毛のネコと短毛のネコの2種類が存在します。カールした被毛は、特に耳の付け根のあたりと顎の下に強く現れます。