MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

危険!猫に食べさせてはいけない果物

 

猫にとっては毒となる果物についてです。

猫にとっては毒となる果物
人間が食べて美味しいと感じる果物でも、猫にとっては毒になってしまうことがあります。
猫の飼い主は、与えてはいけない果物について把握しておく必要があります。
今回は、猫に与えてはいけない果物についてです。

Sponsored Link

「ぶどう」や「レーズン」は肝機能障害を引き起こす

ぶどう
「ぶどう」を食べたイヌが嘔吐や急性腎不全など肝機能障害になったという事例があり、最悪の場合死にも至るとのことです。
原因の詳細はわかっていませんが、イヌの体質に合っていない成分が含まれており、中毒を起こすということです。
干して乾かした「レーズン」も同様の反応を引き起こします。
猫に関する事例は知られていないようですが、猫も犬の体質と類似しているということは分かっているため、食べさせないに越したことはありません。
猫がもし「ぶどう」を口にしてしまった場合は、様子を観察するとともに少しでも異常が現れるようであれば、すぐに獣医師に診てもらう必要があります。

「マンゴー」に含まれる「カルドール」という成分が危険

マンゴー
ウルシ科に属する「マンゴー」は、人間でもアレルギー反応を起こしやすい果物で、体に触れるとかぶれやすい「カルドール」という成分が含まれています。
「マンゴー」はウルシ科に属するため、ウルシの「ウルシオール」という成分と「カルドール」という成分は構造がとても似通っており、ウルシによるかぶれと同様の症状がおこります。
猫が「マンゴー」を口にすると、口の中や唇に炎症を起こし腫れて痒みや痛みを感じることがありますので、猫には与えないほうが最善です。

「パパイヤ」に含まれる「パパイン」という成分が危険

パパイヤ
「パパイヤ」も「マンゴー」と同様に猫がアレルギー反応を起こしやすい果物です。
「パパイヤ」に含まれる「パパイン」という酵素がアレルゲンとなりかぶれなどの症状を引き起こします。
猫が食べると、口内、唇などに炎症を起こす危険があり、状況が悪いと呼吸困難に陥ることもありますので、猫に「パパイヤ」は食べさせないほうが良いでしょう。

「いちじく」に含まれる「フラノクマリン」という成分が危険

いちじく
「いちじく」の果肉や皮には、「フラノクマリン」という中毒性を持った有機化合物が含まれており、猫が「いちじく」食べてしまうと嘔吐したり、口内や唇に炎症が起こることがあります。
これは、体質によっては人間にも同様のことが言えますので、「いちじく」に触れたことで炎症を起こす人もいるようです。
「いちじく」は、皮や葉っぱなどに触れるだけでもかぶれなどが起こることがありますので、「いちじく」を猫に近づけてはいけません。

※こちらもチェック!⇒「できれば猫には食べさせないほうが良い果物

※こちらもチェック!⇒「猫も食べられる果物

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

膝の中に位置する靭帯の損傷、断裂についてです。今回は、猫の骨関節疾患、「前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ)」について見ていきます。

肺高血圧症(はいこうけつあつしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

肺における血管の硬化などによって発生する病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「肺高血圧症(はいこうけつあつしょう)」について見ていきます。

黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)、接触性過敏症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

食生活や刺激物への接触など普段の生活環境が影響して起こる皮膚炎があります。 今回は、猫における皮膚の病気、「黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)」「接触性過敏症」について見ていきます。

急性小腸疾患(きゅうせいしょうちょうしっかん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

小腸の異常により、急に消化器症状が発生することがあります。今回は、猫における消化器系の病気、「急性小腸疾患(きゅうせいしょうちょうしっかん)」について見ていきます。

蕎麦
猫が蕎麦を食べると蕎麦アレルギーを起こす危険が!

ネコに「蕎麦」を食べさせることでの危険性は「蕎麦アレルギー」反応が出るかもしれないというリスクにあります。「蕎麦アレルギー」を含めた食物アレルギー反応が出やすいのは、子猫に多く見られますので、幼猫と暮らしている飼い主は特に注意が必要です。

皮膚における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

皮膚は、他の部位と比べて、比較的、腫瘍の発生頻度が高い部位です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「皮膚における腫瘍」について見ていきます。

パスツレラ感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

「パスツレラ」は真菌細菌の一種で、哺乳綱や鳥綱の常在菌として存在しています。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「パスツレラ感染症」について見ていきます。

猫に「イカ」を食べさせると腰を抜かす

猫に食べさせてはいけないものの一つに「イカ」があります。「イカ(生)」を食べると猫は腰を抜かしてしまいます。なお「タコ」も同様に食べさせてはいけません。

猫白血病ウイルス(FeLV)、トキソプラズマ症 : 飼い主が知っておきたい重い病気

感染したネズミなどから感染する病気もあります。今回は、猫における重い病気、「猫白血病ウイルス」(FeLV)、「トキソプラズマ症」について見ていきます。

病気は早期発見が重要!猫のトイレをチェック

トイレは健康のバロメーターです。排泄物は猫の体の状態が出やすく、内臓の不調が表れやすいところですので、毎日のトイレ掃除の時にチェックするように心がけたいポイントです。