MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

危険!猫に食べさせてはいけない果物

 

猫にとっては毒となる果物についてです。

猫にとっては毒となる果物
人間が食べて美味しいと感じる果物でも、猫にとっては毒になってしまうことがあります。
猫の飼い主は、与えてはいけない果物について把握しておく必要があります。
今回は、猫に与えてはいけない果物についてです。

Sponsored Link

「ぶどう」や「レーズン」は肝機能障害を引き起こす

ぶどう
「ぶどう」を食べたイヌが嘔吐や急性腎不全など肝機能障害になったという事例があり、最悪の場合死にも至るとのことです。
原因の詳細はわかっていませんが、イヌの体質に合っていない成分が含まれており、中毒を起こすということです。
干して乾かした「レーズン」も同様の反応を引き起こします。
猫に関する事例は知られていないようですが、猫も犬の体質と類似しているということは分かっているため、食べさせないに越したことはありません。
猫がもし「ぶどう」を口にしてしまった場合は、様子を観察するとともに少しでも異常が現れるようであれば、すぐに獣医師に診てもらう必要があります。

「マンゴー」に含まれる「カルドール」という成分が危険

マンゴー
ウルシ科に属する「マンゴー」は、人間でもアレルギー反応を起こしやすい果物で、体に触れるとかぶれやすい「カルドール」という成分が含まれています。
「マンゴー」はウルシ科に属するため、ウルシの「ウルシオール」という成分と「カルドール」という成分は構造がとても似通っており、ウルシによるかぶれと同様の症状がおこります。
猫が「マンゴー」を口にすると、口の中や唇に炎症を起こし腫れて痒みや痛みを感じることがありますので、猫には与えないほうが最善です。

「パパイヤ」に含まれる「パパイン」という成分が危険

パパイヤ
「パパイヤ」も「マンゴー」と同様に猫がアレルギー反応を起こしやすい果物です。
「パパイヤ」に含まれる「パパイン」という酵素がアレルゲンとなりかぶれなどの症状を引き起こします。
猫が食べると、口内、唇などに炎症を起こす危険があり、状況が悪いと呼吸困難に陥ることもありますので、猫に「パパイヤ」は食べさせないほうが良いでしょう。

「いちじく」に含まれる「フラノクマリン」という成分が危険

いちじく
「いちじく」の果肉や皮には、「フラノクマリン」という中毒性を持った有機化合物が含まれており、猫が「いちじく」食べてしまうと嘔吐したり、口内や唇に炎症が起こることがあります。
これは、体質によっては人間にも同様のことが言えますので、「いちじく」に触れたことで炎症を起こす人もいるようです。
「いちじく」は、皮や葉っぱなどに触れるだけでもかぶれなどが起こることがありますので、「いちじく」を猫に近づけてはいけません。

※こちらもチェック!⇒「できれば猫には食べさせないほうが良い果物

※こちらもチェック!⇒「猫も食べられる果物

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

腎不全(じんふぜん)、尿失禁 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

2つの腎臓は体内の水分量を適切に保ち血液の不純物をろ過するための大事な器官です。今回は、猫における消化器系の病気、「腎不全(じんふぜん)」、「尿失禁(にょうしっきん)」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]リンパ腫 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「リンパ腫」は免疫機能を担っている白血球の一種である「リンパ球」の癌です。今回は、猫の血液・免疫系疾患、「リンパ・造血器腫瘍」の一つである「リンパ腫」について見ていきます。

[白血球増加症・減少症]好中球(こうちゅうきゅう)増加症・減少症、好酸球(こうさんきゅう)増加症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

血液中の「白血球」に関する異常についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「白血球増加症・減少症」における、「好中球(こうちゅうきゅう)増加症・減少症」「好酸球(こうさんきゅう)増加症」について見ていきます。

三叉神経麻痺(さんさしんけいまひ)、突発性前庭障害(とっぱつせいぜんていしょうがい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の神経における異常についてです。 今回は、猫の脳脊髄疾患、「三叉神経麻痺(さんさしんけいまひ)」「突発性前庭障害(とっぱつせいぜんていしょうがい)、虚血性神経筋症(きょけつせいしんけいきんしょう)」について見ていきます。

[止血凝固異常]血小板減少症、免疫介在性血小板減少症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

常な猫の場合は止血凝固機構の働きにより血流を正常に保ちますが、血液凝固機構に異常が生じる病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」について見ていきます。

排尿障害(はいにょうしょうがい) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

「膀胱炎(ぼうこうえん)」が併発していることが多々あります。今回は、猫における腎・泌尿器の異常、「排尿障害(はいにょうしょうがい)」について見ていきます。

病気は早期発見が重要!猫のトイレをチェック

トイレは健康のバロメーターです。排泄物は猫の体の状態が出やすく、内臓の不調が表れやすいところですので、毎日のトイレ掃除の時にチェックするように心がけたいポイントです。

猫が誤食しやすく、内臓に刺さりやすいもの

つまようじやホッチキスの針、裁縫用の糸を通した状態の縫い針、床に落ちた画びょうなど、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと内臓に刺さったり傷つけてしまうものについてです。

肺炎、膿胸、鼻炎 : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

中には進行が早く命を脅かす病気の恐れもありますので、猫が咳をしていたら早めに獣医師に診てもらうことが重要です。今回は、猫における呼吸器系の病気、「肺炎」「膿胸」「鼻炎」について見ていきます。

上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)、上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

上皮小体における内分泌・代謝性疾患についてです。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)」「上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう)」について見ていきます。