MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫が誤食しやすく、腸閉塞になりやすいもの

 

猫が誤って食べてしまうと腸に溜まったり腸閉塞になってしまう危険があります。

メオ
猫はいろいろなものに興味を持って、咥えたり舐めたりして遊びます。
飼い主の目の届かないところで遊んでいるうちに誤って飲み込んでしまう場合もありますので、猫の様子がおかしかったら誤食による不調の可能性も疑ってみましょう。
今回は、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと腸に溜まってしまったり、腸閉塞を起こしやすいものについてです。

Sponsored Link

腸閉塞を起こしやすい、シャツやコートなどのボタン

ボタン
着ている服のボタンが知らない内に外れて床に落ちたりすると、猫はボタンを遊び道具にします。
ボタンの大きさも関係しますが、誤って飲み込んでしまうと、腸を塞いで腸閉塞になってしまうこともあります。
小さいボタンであれば、便と一緒に出てくることもありますので、もし誤食してしまった可能性がある場合は、よく猫の様子を観察すると同時に、便にボタンが混ざっていないかもチェックしましょう。

猫が転がして遊ぶ、ビー玉

ビー玉
猫がビー玉を転がしたり咥えて運んだりしているうちに誤って飲み込んでしまう危険もあります。
ビー玉は重さがありますので、体内で止まってしまい腸閉塞になってしまう危険性があります。
部屋のオブジェとしてビー玉を飾ったりする方も多いですが、くれぐれも猫の手の届く場所には置かないようにしましょう。

魚が入れてあった食品トレー

食品トレー
肉や魚などの食材を買ってくると、食材が乗せてあった食品トレーが必ずゴミとして発生します。
洗って乾かして干したとしても、猫の手の届くところであれば鼻が利く猫は見つけて遊び道具にします。
食品トレーの角をかじって飲み込んでしまうと、大きさや形によっては猫の体内で腸を塞いでしまう危険もあります。
くれぐれも猫の遊び道具にされないよう、注意しましょう。

ファンデーションのパフ

スポンジ
ファンデーションのパフやスポンジなどを猫がかじって飲み込んでしまうと、腸に溜まってしまうことがあります。
パフやスポンジは水分を吸収しやすいため、胃や腸で水分を含んで膨らむことで、腸で詰まってしまう恐れがあります。
猫にかじられないように十分注意しましょう。

テーブルにおいておいた輪ゴム

輪ゴム
ガムのように噛んで遊んだり、猫パンチで飛ばしたり咥えたりしているうちに誤って飲み込んでしまうことがあります。
便とまざって出てくればよいですが、絡まって塊になったりするとゴムは腸で詰まってしまうこともありますので、輪ゴムは猫に見つからないうちに片付けましょう。

中に入ったり噛んでちぎったりするビニール袋

ビニール袋
ビニール袋を歯でちぎったりしているうちに、猫は飲み込んでしまうことがあります。
飲み込んでしまった可能性がある場合は、便と一緒に出てくるかしばらくの間は観察が必要になります。

ビニール紐やリボンなど細長い紐

リボン
ビニール紐やリボンを見ると、猫は歯でちぎろうとしたり、自ら絡まってみたりします。
長さのあるものを飲み込んでしまうと、腸で絡まって出てこなくなってしまうことがあります。
紐で猫を遊ばせる時は、飼い主の目の届くところで遊ばせるようにすることが大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

生まれる前の胎生期から出生後に変化すべきものが変化しなかったことにより発生する病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)」について見ていきます。

尿崩症(にょうほうしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

大量に水を飲み尿の量が急激に増える病気があります。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「尿崩症(にょうほうしょう)」について見ていきます。

[放線菌症(ほうせんきんしょう)]ノカルジア症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

主に土の中にいる細菌による細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「放線菌症(ほうせんきんしょう)」のうち、「ノカルジア症」について見ていきます。

猫が誤食しやすく、内臓に刺さりやすいもの

つまようじやホッチキスの針、裁縫用の糸を通した状態の縫い針、床に落ちた画びょうなど、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと内臓に刺さったり傷つけてしまうものについてです。

病気は早期発見が重要!猫のトイレをチェック

トイレは健康のバロメーターです。排泄物は猫の体の状態が出やすく、内臓の不調が表れやすいところですので、毎日のトイレ掃除の時にチェックするように心がけたいポイントです。

胃潰瘍(いかいよう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

胃粘膜の深くまでを欠損してしまうと「胃潰瘍(いかいよう)」になります。今回は、猫における消化器系の病気、「胃潰瘍(いかいよう)」について見ていきます。

肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)、オスの三毛猫 : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オスの猫と暮らしている場合は、オス猫に起こる異常を見逃さないようにしましょう。今回は肛門の周りにできる「肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)」、また病気ではありませんが非常にめずらしい「オスの三毛猫」についてです。

[リンパ・造血器腫瘍]骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)、多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄内の造血細胞における異常、腫瘍性に増殖する疾患についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)」「多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)」について見ていきます。

原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)、灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」は脳実質に炎症を起こしている状態です。今回は、猫の脳脊髄疾患、「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」について見ていきます。

消化管内寄生虫感染症(しょうかかんないきせいちゅうかんせんしょう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

消化管内における寄生虫感染は、現在もまだ存在しています。今回は、猫における消化器系の病気、「消化管内寄生虫感染症(しょうかかんないきせいちゅうかんせんしょう)」について見ていきます。