MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ベンガル : 「ジャガー」のような野生的な外見の猫

 

「ベンガル」といっても俳優のベンガルさんではありません。

bengal

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスby CATCREST

Sponsored Link

ベンガルの起源

そもそも俳優のベンガルさんの由来は、「ベンガルの虎」という演劇から来ているようですので、ネコの「ベンガル」とは全く関係ないようです。
さて、「ベンガル」(ネコ)は、もともと「ベンガルヤマネコ」とイエネコの掛け合わせにより誕生した品種です。
アメリカ、カリフォルニア大学での研究による実験でベンガルヤマネコと交配されたのが1970年代、この時に生まれたネコ起源となったと言われています。
カリフォルニア大学での研究目的はネコ白血病の為でした。

ベンガルの特徴

野生の血が入っていることもあり、見た目は強そうな筋肉質。
尻尾が太く、毛足は短くて、やわらかい毛並み。
全身の模様はまるで「ヒョウ」「ジャガー」のような模様をまとっています。
性格は野生的な外見とは違い、比較的おとなしいようです。
ただ、活発的でよく動き回るネコなので、狭い部屋で飼うと「ベンガル」にとってはかわいそうかもしれません。
イエネコは大概、水に濡れるのを嫌います。これは、ネコの原種である「リビアヤマネコ」が砂漠出身で、水に濡れて夜を向かえると、蒸発する水分で体温が下がってしまうため水に濡れるのを避けるという習性からきているようです。ただ、この「ベンガル」はイエネコの中でも珍しく水に濡れることを嫌わないようです。
さすが野生の「ベンガルヤマネコ」の血を引くネコです。

 

「ヒョウ」「ジャガー」ネコと同居するのも楽しそうですね。
「ベンガル」は珍しい品種なので、「ベンガル」と出会うのも、なかなか難しいのかもしれません。

「ベンガル」の基本データ

英語表記 Bengal
原産地 アメリカ合衆国
誕生時期 1960年代
発生スタイル 人為的発生(※ブリーダーが猫同士を交配させて生まれた品種)
公認団体 TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ ロングアンドサブスタンシャル(※がっしりして長い)
カラー 毛色:ブラウンスポッテッドタビーなど、目色:ゴールド、グリーン、ブルーグリーン

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

コラット : 幸運の猫

「コラット」は幸福と反映の象徴として人々から大切にされてきたネコで、「シ・サワット(幸運のネコ)」という別名もあります。

ロシアンブルー : 飼い主に従順な猫

「ロシアンブルー」は飼い主に従順で人懐っこいため、「犬のような性格のネコ」と言われることもあります。
しかし、飼い主には従順で愛情を持つ一方、知らない人には人見知りするタイプでシャイな一面をもっています。

セルカークレックス : 被毛がカールしていてモコモコな猫

「セルカークレックス」は被毛がカールしているのが特徴で、「セルカークレックス」と同様にカールしている毛並みを持っている「コーニッシュレックス」や「デボンレックス」の中でも一番新しい品種です。

ボンベイ : 黒ヒョウのような漆黒に輝く猫

ブリーダーにより黒ヒョウを意識して作られた猫の品種で、漆黒に輝いている毛並みがまるでインドの黒ヒョウのようなところから、インドの都市名である「ボンベイ」と名付けられました。

スコティッシュフォールド : 飼い猫として人気の高い猫

常に人気ランキング上位の「スコティッシュフォールド」。英語で「折れ曲がった」という意味の「フォールド」という言葉が名前にあるように、一番の特徴は前に折れ曲がった耳です。

エキゾチックショートヘア : 「ぶさかわ」いい猫

「エキゾチックショートヘア」は、まるで「ブルドッグ」のようにペチャっとした顔つきの”ぶさかわ”です。篠原良子主演のドラマ「オトナ女子」で登場した”ぶさかわ”ネコ「ちくわ」は、この「エキゾチックショートヘア」です。

メインクーン : 見た目は野性的だけど心優しい猫

見た目は野性的だけど心優しいネコ。「メインクーン」は北アメリカでは最も古い歴史を持っているネコで、その起源についてはいくつかの説があるようです。

アメリカンカール : 耳がカールしている猫!

耳がカールしているネコ「アメリカンカール」という品種についてです。「アメリカンカール」としての始まりは、なんと”迷い猫”です。アメリカ、カリフォルニア州レークランドに住んでいたグレース&ジョールーガ夫妻の家に、ある日子猫が迷い込んできてその家にそのまま住みついたのが始まりといわれています。

ハバナブラウン : とても賢いけれど甘えん坊

「ハバナブラウン」は、1950年代のはじめにイギリスでブラウンの毛色の遺伝子を持ったシールポイントの「シャム」と、「シャム」の血が混ざった黒猫との交配で誕生しました。

ジャパニーズボブテイル : しっぽがポンポンの日本猫

ハローキティーのモデルとなったネコが「ジャパニーズボブテイル」。しっぽが短いネコというと、「マンクス」や「アメリカンボブテイル」などがいますが、日本にも「ジャパニーズボブテイル」と言う品種のネコがいます。