MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ラパーマ : 巻き毛を意味する「パーマネント」から名付けられた猫

 

柔らかくカールした被毛が特徴の「ラパーマ」についてです。

laperm

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスby Bebopscrx

Sponsored Link

ラパーマの起源

「ラパーマ」は、アメリカオレゴン州ダラスのさくらんぼ農場で突然変異により生まれたブラウンタビーのネコが起源です。
害虫の駆除の役割として飼育されていたネコから生まれた子猫の中に一匹だけ無毛のネコが生まれました。
子猫の頃は無毛だったといいますが、成長するにつれカールした毛並みになっていったことから「カーリー」という名前がつけられたそうです。
そのネコから生まれた子猫が全て母親である「カーリー」と同様に無毛で、成長するにつれて巻き毛が生えてきたといいます。
その後、さくらんぼ農場の害虫駆除役のネコとして繁殖し、「シャム」などとの交配もあって毛色などのバリエーションが増えました。
「ラパーマ」という名前は、巻き毛を意味する「パーマネント」から名付けられたということです。
なお、「デボンレックス」や「コーニッシュレックス」「セルカークレックス」など同様にカールした被毛を持った品種のネコとは違う遺伝子のネコで、「レックス」達の遺伝子が劣性遺伝であるのに対して、「ラパーマ」は優性遺伝子ということがわかっています。

ラパーマの特徴

「ラパーマ」の外見的な特徴は、名前にもあるようにそのカールした被毛です。
なお、「ラパーマ」には長毛のネコと短毛のネコの2種類が存在します。
カールした被毛は、特に耳の付け根のあたりと顎の下に強く現れます。
多くの場合、生まれたばかりの「ラパーマ」は無毛に近いほど毛が無く、本当にカールした毛が生えてくるのか心配になりますが、およそ1歳を向かえる頃になると「ラパーム」の特徴であるカールした被毛が生えてきます。
そのカールした毛並みはとても柔らかくふわふわしています。
「ラパーマ」の性格は、もともと農場の害虫駆除役として飼育されてきたということもあり、活発で遊び好きです。
しかし、決して感情的であるということはなく、むしろ温厚で静か、飼い主に対しては従順で優しく、また甘えん坊な性格です。

「ラパーマ」の基本データ

英語表記 LaPerm
原産地 アメリカ合衆国
誕生時期 1982年
発生スタイル 突然変異的発生(※突然変異で生まれ、変わった特徴を固定させた品種)
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ セミフォーリン(※やや細身)
カラー 毛色:ブラウンタビー、チョコレートなど多数、目色:多数

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

ペルシャ : 長毛でフワフワな毛足が特徴

「ペルシャ」は、気高い雰囲気で愛嬌のある顔つき、フワフワな長毛が特徴で、古くヴィクトリア時代から人気があった品種です。

ブリティッシュショートヘア : イギリス古来の猫

イギリスを起源とする品種の中で最も古い猫「ブリティッシュショートヘア」についてです。 by Mel

カリフォルニアスパングルド : 「ヒョウ」のミニチュア

「ヒョウ」のようなネコ、「カリフォルニアスパングルド」についてです。「ヒョウ」そっくりな品種を作ることで「ヒョウ」などの猛獣への愛着を沸かせて阻止しようと考え、作り出した品種です。

スコティッシュフォールド : 飼い猫として人気の高い猫

常に人気ランキング上位の「スコティッシュフォールド」。英語で「折れ曲がった」という意味の「フォールド」という言葉が名前にあるように、一番の特徴は前に折れ曲がった耳です。

キムリック : 「マンクス」の長毛版

「キムリック」は1960年代にカナダで、「マンクス」の繁殖の過程で突然変異によって生まれた長毛のネコです。つまり「マンクス」の長毛版ネコです。

セルカークレックス : 被毛がカールしていてモコモコな猫

「セルカークレックス」は被毛がカールしているのが特徴で、「セルカークレックス」と同様にカールしている毛並みを持っている「コーニッシュレックス」や「デボンレックス」の中でも一番新しい品種です。

オリエンタルロングヘア : 「オリエンタルショートヘア」の長毛種

「オリエンタルロングヘア」は、「シャム」との交配により生まれた「オリエンタルショートヘア」の育種の過程に生まれた長毛種のネコです。性格は、「シャム」の性質を受け継ぎ人懐っこくて甘えん坊です。

ボンベイ : 黒ヒョウのような漆黒に輝く猫

ブリーダーにより黒ヒョウを意識して作られた猫の品種で、漆黒に輝いている毛並みがまるでインドの黒ヒョウのようなところから、インドの都市名である「ボンベイ」と名付けられました。

アンゴラ(ターキッシュアンゴラ) : ウサギではなくネコ

高級な「コート」や「セーター」などに使われる「アンゴラ」というと、「ウサギ」や「ヤギ」の毛のことを指しますが、ネコの品種にも「アンゴラ」(ターキッシュアンゴラ)というのがいます。

ラグドール : ぬいぐるみのような猫

「ラグドール」は英語で「ぬいぐるみ」の意味です。性格は人懐っこくおおらかで、「ラグドール」という名前にもあるとおり「ぬいぐるみ」のように抱っこされても嫌がることなく、むしろ喜んでくれるほどです。