MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

「ほうれん草」など“アク”がでる野菜は猫にとって毒

 

「ほうれん草」や「春菊」など“アク”がでる野菜は猫にとって毒です。

ほうれん草
人間でも「シュウ酸」を極端に大量摂取し続けると、カルシウムの吸収が阻害されたり、体内で「カルシウム」と「シュウ酸」が結合して腎臓などに「シュウ酸カルシウム結石」を引き起こすことがあります。

Sponsored Link

“アク”がでる野菜に含まれる「シュウ酸」が危険

“アク”がでる野菜には「シュウ酸」が含まれており、猫が「シュウ酸」を摂り過ぎると「尿路結石症」になってしまいます。
(※「結石症(けっせきしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気」)
猫が「尿路結石症」になると、普段から落ち着きがなくなったり、トイレに行く回数が増えトイレに行っても尿が少量しか出ず、トイレでうずくまってしまったり、尿をする際に痛がって鳴いたり、トイレ以外でおしっこをしてしまったりといった症状がみられるようになります。
また、血尿や尿に混ざって結石や結晶が出たり、尿道閉塞により尿が出ずらい状況になると尿毒症を併発し死に至ることもありますので、「ほうれん草」を食べさせてしまった時に限らず、飼い主は普段から異常が無いか観察しておくことが重要です。

「ほうれん草」や「春菊」から「シュウ酸」を減らすには・・・

春菊
「ほうれん草」や「春菊」などに含まれる「シュウ酸」は、茹でて水にさらすことでその量を減らせるようです。
また米ぬかやお米のとぎ汁でアク抜きすることで、更に「シュウ酸」を減らすことができます。
ただ、完全に除去することはできませんので猫に「ほうれん草」や「春菊」など、“アク”がでる野菜は食べさせないのが一番です。

猫の「尿路結石症」

「尿路結石症」は猫の性別関係なくかかる病気ですが、尿道が長いオスのほうが重症になりやすい傾向があります。
猫に多い結石として、「シュウ酸」による「シュウ酸カルシウム」、また尿がアルカリ性になることによって出来る「ストルバイト」の2種類があります。
猫の尿内に「マグネシウム」「リン」「カルシウム」などのミネラルが増え過ぎたり、尿のpHバランスが崩れることで結石が出来やすい状態になるといわれています。
(※「精巣腫瘍(せいそうしゅよう)、尿路結石症(にょうろけっせきしょう) : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気」)
肥満の猫も結石が出来やすい傾向にあり、普段の食生活や生活習慣による体質が結石の出来やすさに関わってきますので、飼い主が猫の普段からの生活を気にしておくことも重要です。
また「尿路結石症」は一度なってしまうと再発しやすい病気ですので、ミネラルバランスを保った食生活や水分の摂取量を多くするような工夫をしたり、トイレに行きやすいように普段から清潔を保ったり、といった普段からの予防がより大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

[再生性貧血]溶血性貧血(ピルビン酸キナーゼ欠損症、ポルフィリン症) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、原因などから少し詳細について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「再生性貧血」である「溶血性貧血」(ピルビン酸キナーゼ欠損症、ポルフィリン症)についてです。

結晶尿(けっしょうにょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

ミネラル成分が尿中で結晶を形成することがあります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「結晶尿(けっしょうにょう)」について見ていきます。

非結核性(非定型)抗酸菌症(ひけっかくせい(ひていけい)こうさんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

土壌や水中に広く分布している菌による細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「非定型抗酸菌症(ひていけいこうさんきんしょう)」について見ていきます。

[骨肉腫(こつにくしゅ)]体軸骨格における骨肉腫 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「骨肉腫」は、発生部位により大きく「体軸骨格」と「四肢骨格」の二つに分類されます。今回は、猫における腫瘍性疾患「骨肉腫」のうち、「体軸骨格における骨肉腫」について見ていきます。

肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

猫の心臓病の中でも多い傾向にあるのが「肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)」です。今回は、猫における循環器疾患、「肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)」について見ていきます。

[止血凝固異常]血小板減少症、免疫介在性血小板減少症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

常な猫の場合は止血凝固機構の働きにより血流を正常に保ちますが、血液凝固機構に異常が生じる病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」について見ていきます。

肝外胆管閉塞(かんがいたんかんへいそく) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

肝臓から腸を結んでいる「胆管(たんかん)」(肝外胆管)が閉塞する異常があります。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん)」について見ていきます。

猫が誤食しやすく、腸閉塞になりやすいもの

猫は遊んでいるうちに誤って飲み込んでしまう場合もありますので、様子がおかしかったら誤食による不調の可能性も疑ってみましょう。今回は、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと腸に溜まってしまったり、腸閉塞を起こしやすいものについてです。

[止血凝固異常]播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

体の中で血液が固まってしまう病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」における「播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)」について見ていきます。

精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)、前立腺異常 : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オス猫特有の病気や異常についてです。今回はオス猫の異常、「精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)」、「前立腺異常」について見ていきます。