MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫に「ビール」を飲ませてはダメ!急性アルコール中毒になる

 

猫に「ビール」などの「アルコール」は禁物です。

ビール
猫が少量でも「アルコール」を摂取すると非常に危険です。

Sponsored Link

猫が「ビール」などの「アルコール」を飲むと・・・

猫の体は人間と違って小さく、およそ1kgから大きくても10kg程度ですので、人間が飲んでいるアルコールを与えてしまうと少量でも急性アルコール中毒になってしまします。
急性アルコール中毒になると、嘔吐や下痢、ふるえなどがおこります。
状況が悪ければ痙攣や意識障害、呼吸困難、昏睡状態に陥り、仮に致死量に至れば死んでしまうこともあります。
アルコールは猫の中枢神経へ影響を及ぼし、空腹時のアルコール摂取であれば約15分〜30分、満腹時は約1時間〜2時間で影響が現れます。
悪ふざけでビールの泡をなめさせたりもするべきではありません。

猫の「アルコール」致死量

ビールの泡
猫はアルコールを5.5~6.5ml/kgを摂取すると致命的だと言われています。
アルコール度数は、「ビール」はおよそ5%〜7%、「ワイン」は約9%〜12%、「ウイスキー」は約50%〜90%ですが、例えば5%のアルコールを含む「ビール」 の場合、1kgあたりおよそ100cc摂取しただけで致死量になります。
「アルコール」を摂取することで“酔っ払う”という現象は、血液に溶け込んだ「アルコール」が血流によって脳に達することで、脳が麻痺することで起こります。
人間の場合、“酔い”の度合いは6段階にわけることができ、酒を呑むことで楽しい気分でいられるのは第1段階の「爽快期」から「ほろ酔い期」までだと言われます。
「酩酊初期」「酩酊期」になると知覚、運動能力に影響が出て歩行障害などがおこります。
「泥酔期」「昏睡期」になると脳全体が麻痺し、呼吸困難、状態が悪ければ死亡ということになります。
体が小さい猫にとっては、たとえ少量だったとしても人間が急にアルコール度数の高い大量の「アルコール」を摂取したのと同じ状態になるため、一気に「泥酔期」「昏睡期」に至ってしまいますので、飼い主は十分認識しておくことが必要です。

猫が「アルコール」を摂取してしまったら・・・

人間が故意に「アルコール」を与えなかったとしても、例えばこぼしてしまったアルコールを舐めてしまったり、コップに入れていた「アルコール」を舐めてしまったりすることもあります。
中には好んで「ビール」を飲もうとする猫もいるようです。
もし猫が「アルコール」を摂取してしまったら、いち早く嘔吐させることが第一です。
吐き出させるには、猫の口を開けて指をいれて舌の奥のほうを刺激すると、嘔吐を誘発させることができます。
また、すぐに動物病院へ連れて行き、獣医師に診せて適切な処置を行ってもらうことが重要です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

巨大結腸症(きょだいけっちょうしょう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫の大腸における病気についてです。今回は、猫における消化器系の病気、「巨大結腸症(きょだいけっちょうしょう)」について見ていきます。

胸腺腫(きょうせんしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

老齢の猫に発生する悪性腫瘍があります。 今回は、猫における腫瘍性疾患、「胸腺腫(きょうせんしゅ)」について見ていきます。

膀胱炎(ぼうこうえん)、便秘 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫がトイレで苦しむのは可哀想。普段から猫を観察し、異常を感じたら早めの対処が必要です。今回は、猫における消化器系の病気、「膀胱炎(ぼうこうえん)」、「便秘」について見ていきます。

ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓における先天性の病気についてです。今回は、猫における循環器疾患、「ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう)」について見ていきます。

皮膚における肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

若齢から老齢まで幅広い年齢層で発生する腫瘍性疾患です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「皮膚における肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ)」について見ていきます。

ニキビダニ症、円形脱毛、心因性脱毛 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

飼い主が気づきにくい猫の異変もあるため、ブラッシング時など普段から注意深く観察することも大切です。今回は、猫における皮膚病、「ニキビダニ症」「円形脱毛」「心因性脱毛」について見ていきます。

ネコクラミジア感染症、失明 : 飼い主が知っておきたい目の病気

目だけではありませんが感染による病気については、適切な処置を早急に施さないと命の危険すら危ぶまれる可能性もあります。今回は、猫における目の病気「ネコクラミジア感染症」、また「失明」の症状について見ていきます。

卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)、卵巣遺残症(らんそういざんしょう) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

卵巣に関わる病気はメス猫にとってとても深刻な病です。今回は、メス猫に起こる病気、「卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)」「卵巣遺残症(らんそういざんしょう)」について見ていきます。

病気は早期発見が重要!猫の行動をみて異変をチェック

ほんの些細な違いでも、早めに気づいてあげることが病気や怪我の早期発見につながります。違った行動をとっていたら、猫の体の調子が悪い時のではないか疑ってみましょう。

骨軟骨形成異常(こつなんこつけいせいいじょう) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

遺伝子が関与している骨関節の遺伝病があります。今回は、猫の骨関節疾患、「骨軟骨形成異常(こつなんこつけいせいいじょう)」について見ていきます。