MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫がチョコレートを食べると中毒症状を起こす危険が!

 

猫にとって「チョコレート」をはじめ「カカオ」は毒です。

チョコレート
「2月14日はバレンタインデーだから猫にもチョコレートをあげよう」というのは危険です。
「チョコレート」をはじめとした「カカオ」は、猫に食べさせてはいけないものの代表格ですので飼い主は十分に認識しておくことが必要です。

Sponsored Link

猫が「チョコレート」を食べると・・・

猫が「チョコレート」や「ココア」をはじめとした「カカオ」を含んだものを食べると、嘔吐、下痢、不整脈、心拍数増加、痙攣などの症状が出ます。
一度摂取してしまうと、摂取量にもよりますが症状は数日間にわたって続きます。
摂取してしまった「カカオ」の量が多いと、ついには死に至ることすらあります。
猫のチョコレートによる中毒症状としては、嘔吐、下痢、脱水症状、排尿障害、尿の増加、痙攣、息が荒くなる、などの症状がおこると言われています。

原因は「カカオ」に含まれている「テオブロミン」

カカオ
「チョコレート」や「ココア」に含まれる「カカオ」には「テオブロミン」という成分が含まれており、猫の体は人間とは違って「テオブロミン」を分解しづらい体質であるため、摂取することにより中枢神経に打撃を与えてしまいます。
「テオブロミン」はアルカロイドの一種で「カフェイン」に似た苦味成分です。
なお「カフェイン」も猫にとって体に良くない物質です。
「テオブロミン」は、自然界では「カカオ」のみに含まれている成分であるといわれています。
「チョコレート」や「カカオ」のほかに「テオブロミン」を多く含んでいるものとしては、「ガラナ」「コーラ」「マテ茶」「チャノキ」「コーヒーノキ」などがあります。これら全て猫にとっては有害な毒物ということになりますので覚えておくことが大切です。
「チョコレート」でも、「ミルクチョコレート」や「ホワイトチョコレート」は「テオブロミン」の含有量は少ないようですが、「ビターチョコレート」はそれらに比べると「テオブロミン」の含有量が多く含まれているのでより一層の注意が必要です。

もし猫が「チョコレート」を食べてしまったら・・・

ほんの少しの量であれば、体への影響はないこともありますが、いずれにしても猫にとっては、「カカオ」に含まれる「テオブロミン」は毒物ですので早急な対処と、症状が無い、若しくは軽い場合でも注意深く観察することが重要です。
まずは、とにかくすぐに「チョコレート」を猫から吐き出させて、摂取される「テオブロミン」の量を少しでも減らすことが大切です。
猫が「テオブロミン」を摂取してしまった場合、量にもよりますが約4時間以内には中毒症状が見られるようです。
猫の口を開けて指をいれて舌の奥のほうを刺激して吐き出させることで応急処置をしてください。
その後、速やかに獣医師に診せて適切な処置を施してもらうことが猫の命を救う為には重要です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

[再生性貧血]溶血性貧血(ヘモバルトネラ症、ハインツ小体性、赤血球の物理的破壊) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、原因などから少し詳細について見ていきます。前回に引き続き、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「再生性貧血」である「溶血性貧血」(ヘモバルトネラ症、ハインツ小体性、赤血球の物理的破壊)についてです。

皮膚血管炎(ひふけっかんえん)、皮膚無力症(エーラス・ダンロス症候群) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

皮膚の血管壁に起こる皮膚炎、先天的な異常による皮膚の病気があります。今回は、猫における皮膚の病気、「皮膚血管炎(ひふけっかんえん)」、「皮膚無力症」(エーラス・ダンロス症候群)について見ていきます。

鼻におけるリンパ腫 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

中齢から老齢の猫に発生しやすい咽頭部の腫瘍がリンパ腫です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「鼻におけるリンパ腫」について見ていきます。

子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)、子宮炎(しきゅうえん) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

メス猫と暮らしている飼い主は、メス猫特有の病気を気にして観察しましょう。今回は、メス猫の病気、「子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)」、「子宮炎(しきゅうえん)」について見ていきます。

精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)、前立腺異常 : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オス猫特有の病気や異常についてです。今回はオス猫の異常、「精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)」、「前立腺異常」について見ていきます。

肺炎、膿胸、鼻炎 : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

中には進行が早く命を脅かす病気の恐れもありますので、猫が咳をしていたら早めに獣医師に診てもらうことが重要です。今回は、猫における呼吸器系の病気、「肺炎」「膿胸」「鼻炎」について見ていきます。

猫が蕎麦を食べると蕎麦アレルギーを起こす危険が!

ネコに「蕎麦」を食べさせることでの危険性は「蕎麦アレルギー」反応が出るかもしれないというリスクにあります。「蕎麦アレルギー」を含めた食物アレルギー反応が出やすいのは、子猫に多く見られますので、幼猫と暮らしている飼い主は特に注意が必要です。

大腸における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

慢性的に血便や粘液便が見られたら注意が必要です。今回は、猫における消化器系の病気、「大腸における腫瘍」について見ていきます。

できれば猫には食べさせないほうが良い果物

猫によってはアレルギー反応を引き起こしたり、カロリーや糖質、食物繊維のとりすぎになってしまう果物があります。今回は、できれば猫には与えないようがよい果物についてです。

エプリス(エプーリス)、口腔内悪性黒色腫(こうくうないあくせいこくしょくしゅ) : 飼い主が知っておきたい口の病気

歯茎にできる良性の腫瘍があります。今回は、猫における猫における口の異常、「エプリス(エプーリス)」「口腔内悪性黒色腫(こうくうないあくせいこくしょくしゅ)」について見ていきます。