MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫がチョコレートを食べると中毒症状を起こす危険が!

 

猫にとって「チョコレート」をはじめ「カカオ」は毒です。

チョコレート
「2月14日はバレンタインデーだから猫にもチョコレートをあげよう」というのは危険です。
「チョコレート」をはじめとした「カカオ」は、猫に食べさせてはいけないものの代表格ですので飼い主は十分に認識しておくことが必要です。

Sponsored Link

猫が「チョコレート」を食べると・・・

猫が「チョコレート」や「ココア」をはじめとした「カカオ」を含んだものを食べると、嘔吐、下痢、不整脈、心拍数増加、痙攣などの症状が出ます。
一度摂取してしまうと、摂取量にもよりますが症状は数日間にわたって続きます。
摂取してしまった「カカオ」の量が多いと、ついには死に至ることすらあります。
猫のチョコレートによる中毒症状としては、嘔吐、下痢、脱水症状、排尿障害、尿の増加、痙攣、息が荒くなる、などの症状がおこると言われています。

原因は「カカオ」に含まれている「テオブロミン」

カカオ
「チョコレート」や「ココア」に含まれる「カカオ」には「テオブロミン」という成分が含まれており、猫の体は人間とは違って「テオブロミン」を分解しづらい体質であるため、摂取することにより中枢神経に打撃を与えてしまいます。
「テオブロミン」はアルカロイドの一種で「カフェイン」に似た苦味成分です。
なお「カフェイン」も猫にとって体に良くない物質です。
「テオブロミン」は、自然界では「カカオ」のみに含まれている成分であるといわれています。
「チョコレート」や「カカオ」のほかに「テオブロミン」を多く含んでいるものとしては、「ガラナ」「コーラ」「マテ茶」「チャノキ」「コーヒーノキ」などがあります。これら全て猫にとっては有害な毒物ということになりますので覚えておくことが大切です。
「チョコレート」でも、「ミルクチョコレート」や「ホワイトチョコレート」は「テオブロミン」の含有量は少ないようですが、「ビターチョコレート」はそれらに比べると「テオブロミン」の含有量が多く含まれているのでより一層の注意が必要です。

もし猫が「チョコレート」を食べてしまったら・・・

ほんの少しの量であれば、体への影響はないこともありますが、いずれにしても猫にとっては、「カカオ」に含まれる「テオブロミン」は毒物ですので早急な対処と、症状が無い、若しくは軽い場合でも注意深く観察することが重要です。
まずは、とにかくすぐに「チョコレート」を猫から吐き出させて、摂取される「テオブロミン」の量を少しでも減らすことが大切です。
猫が「テオブロミン」を摂取してしまった場合、量にもよりますが約4時間以内には中毒症状が見られるようです。
猫の口を開けて指をいれて舌の奥のほうを刺激して吐き出させることで応急処置をしてください。
その後、速やかに獣医師に診せて適切な処置を施してもらうことが猫の命を救う為には重要です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

赤血球増加症(多血症) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

赤血球減少によって起こるのが「貧血」ですが、逆に赤血球が増加する病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「赤血球増加症」(多血症)について見ていきます。

門脈体循環シャント(もんみゃくたいじゅんかんしゃんと) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

「シャント」と呼ばれる異常な血管による病気についてです。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「門脈体循環シャント(もんみゃくたいじゅんかんしゃんと)」について見ていきます。

下垂体(かすいたい)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

脳の奥に位置する「下垂体」に腫瘍ができると、視力喪失することがあります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「下垂体(かすいたい)における腫瘍」について見ていきます。

腎盂腎炎(じんうじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓や腎臓から尿管につながる部分の腎盂(じんう)における炎症があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」について見ていきます。

破傷風(はしょうふう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

傷口の汚染から感染し発症する細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「破傷風(はしょうふう)」について見ていきます。

破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)、歯垢・歯石(しこう・しせき) : 飼い主が知っておきたい口の病気

虫歯や歯垢、歯石など猫における口の異常についてです。今回は、猫における猫における口の異常、「虫歯」、「歯垢・歯石(しこう・しせき)」について見ていきます。

[非再生性貧血]鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)、コバラミン・葉酸欠乏貧血 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄での赤血球産生能低下が原因で起こる「非再生性貧血」についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「非再生性貧血」である「鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)」「コバラミン・葉酸欠乏貧血」について見ていきます。

筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー、筋ジストロフィー : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

の筋肉が硬直化する病気についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー」「筋ジストロフィー」について見ていきます。

ノミ、ダニ、ツメダニ : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

被毛がある猫にとって寄生虫による被害のリスクは避けられません。飼い主は寄生虫のリスクを知っておくことでいち早く異常に気づき対処できるよう観察することが大切です。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「ノミ」「ダニ」「ツメダニ」について見ていきます。

猫回虫症(トキソカラ症)、瓜実条虫(サナダ虫) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

寄生虫は猫にさまざまな悪影響を及ぼしますので、異常がみられたらすみやかに獣医師にみてもらうことが大切です。今回は、猫における消化器系の病気、「猫回虫症」(トキソカラ症)、「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)について見ていきます。