MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫は「青魚」を食べ過ぎると病気になる

 

猫は「サンマ」や「イワシ」などの「青魚」を食べ続けると病気になってしまいます。

さんま
猫と言えば、「お魚くわえたどら猫追っかけて・・・」のイメージが強いですが。

Sponsored Link

猫が「サンマ」や「イワシ」などの「青魚」を食べ続けると・・・

猫が「青魚」を食べ続けると、おなかや胸のあたりにしこりができ始め、皮下脂肪が炎症を起こし、痛みを感じるようになります。
すると人に触られるのを嫌がるようになり、さらに悪化すると歩行障害になり、症状がひどくなると、猫はとうとう死んでしまうこともあります。
猫の飼い主は、そうなる前に正しい知識をつけて対処する必要があります。

「黄色脂肪症(イエローファット)」という病気になってしまう

「青魚」は「DHA」や「EPA」といった「不飽和脂肪酸」を豊富に含んでいます。
猫にとって「不飽和脂肪酸」は必要な栄養分である一方、慢性的に「不飽和脂肪酸」を摂取し続けると「黄色脂肪症(イエローファット)」という病気になってしまいます。
「青魚」には「抗酸化成分」をほぼ含んでいないため、「不飽和脂肪酸」の大量摂取により猫の体内にある脂肪が酸化してしまいます。
この病気は、脂肪が黄色く変色することから「黄色脂肪症(イエローファット)」と呼ばれています。
「青魚」というと、ニシン科(ニシン、マイワシなど)やサンマ科(サンマ)、アジ科(マアジ)やサバ科(マサバ、ゴマサバ)など、ピカピカに光っている魚のことですが、猫が食べてはいけない魚ということでいうと、「青魚」という分類よりも「不飽和脂肪酸」を豊富に含んでいる魚といったほうがより正確ということになります。
例えば「白身魚」の鮭や「赤身魚」のマグロなども「DHA」や「EPA」を豊富に含んでいるため、猫に与えてはいけない魚となります。

「不飽和脂肪酸(DHAやEPA)」自体は猫にとっても体に良いものです

いわし
「不飽和脂肪酸」自体は、実は猫の体にとっても良いもので、猫の体に影響を及ぼすのは、脂肪が酸化してしまうこと自体です。
つまり、酸化しにくい新鮮な「青魚」、酸化を防ぐ為の「ビタミンE」の同時摂取など、ちゃんと理解したうえで猫に与える分には問題ないということになります。
「黄色脂肪症(イエローファット)」は、通常、長期にわたって偏った食事を与えたり、大量に「青魚」を与えない限り簡単には発症しない病気ですが、いずれにしても普段からバランスの良いものを与えることが猫にとって良いことです。
猫が体内で分解することのできない「チアミナーゼ」を含む生の「エビ」や「カニ」や「淡水魚」などもそうですが、「サザエさん」の主題歌で「お魚くわえたどら猫・・・」という歌詞から、日本では「猫=魚好き」というイメージが強いと思いますので、注意が必要です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

軟骨肉腫(なんこつにくしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「骨肉腫(こつにくしゅ)」に次いで発生率が高い骨腫瘍についてです。今回は、猫における骨の腫瘍、「軟骨肉腫(なんこつにくしゅ)」について見ていきます。

胆管系(たんかんけい)における腫瘍、膀胱(ぼうこう)腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

猫における腫瘍としては、肝臓腫瘍よりも多く発生する可能性があるのが単館系の腫瘍です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「胆管系(たんかんけい)の腫瘍」「膀胱(ぼうこう)腫瘍」について見ていきます。

結膜炎、角膜炎 : 飼い主が知っておきたい目の病気

猫が目の病気にかかったからといって目だけの異常だとは限りません。全身的な症状の一部として目にあらわれていることもありますので、他にも体の異常がないか早めに獣医師の診断をうけることが大切です。今回は、猫がかかりやすい目の病気「結膜炎」「角膜炎」について見ていきます。

精巣腫瘍(せいそうしゅよう)、尿路結石症(にょうろけっせきしょう) : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オス猫を飼っている場合は、オス特有の病気にも注意が必要です。今回は、オス猫の病気、「精巣腫瘍(せいそうしゅよう)」「尿路結石症(にょうろけっせきしょう)」について見ていきます。

猫伝染性貧血、血栓症、心臓病 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

猫に循環器系の病気の症状が現れたら、激しく動かすことは避けて安静な状態でできるだけ早く動物病院で診てもらうことが重要です。今回は、猫における循環器系の病気、「猫伝染性貧血」「血栓症」「心臓病」について見ていきます。

猫パルボウイルス感染症、猫伝染性腹膜炎(FIP) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫にとって致命的な伝染病があります。今回は、猫における消化器系の病気、「猫パルボウイルス感染症」、「猫伝染性腹膜炎(ねこでんせんせいふくまくえん)」(FIP)について見ていきます。

大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送り込むための重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の大きさが拡大し、心臓の筋肉の動きが悪くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)」について見ていきます。

上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)、上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

上皮小体における内分泌・代謝性疾患についてです。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)」「上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう)」について見ていきます。

猫が誤食しやすく、内臓に刺さりやすいもの

つまようじやホッチキスの針、裁縫用の糸を通した状態の縫い針、床に落ちた画びょうなど、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと内臓に刺さったり傷つけてしまうものについてです。