MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫は「青魚」を食べ過ぎると病気になる

 

猫は「サンマ」や「イワシ」などの「青魚」を食べ続けると病気になってしまいます。

さんま
猫と言えば、「お魚くわえたどら猫追っかけて・・・」のイメージが強いですが。

Sponsored Link

猫が「サンマ」や「イワシ」などの「青魚」を食べ続けると・・・

猫が「青魚」を食べ続けると、おなかや胸のあたりにしこりができ始め、皮下脂肪が炎症を起こし、痛みを感じるようになります。
すると人に触られるのを嫌がるようになり、さらに悪化すると歩行障害になり、症状がひどくなると、猫はとうとう死んでしまうこともあります。
猫の飼い主は、そうなる前に正しい知識をつけて対処する必要があります。

「黄色脂肪症(イエローファット)」という病気になってしまう

「青魚」は「DHA」や「EPA」といった「不飽和脂肪酸」を豊富に含んでいます。
猫にとって「不飽和脂肪酸」は必要な栄養分である一方、慢性的に「不飽和脂肪酸」を摂取し続けると「黄色脂肪症(イエローファット)」という病気になってしまいます。
「青魚」には「抗酸化成分」をほぼ含んでいないため、「不飽和脂肪酸」の大量摂取により猫の体内にある脂肪が酸化してしまいます。
この病気は、脂肪が黄色く変色することから「黄色脂肪症(イエローファット)」と呼ばれています。
「青魚」というと、ニシン科(ニシン、マイワシなど)やサンマ科(サンマ)、アジ科(マアジ)やサバ科(マサバ、ゴマサバ)など、ピカピカに光っている魚のことですが、猫が食べてはいけない魚ということでいうと、「青魚」という分類よりも「不飽和脂肪酸」を豊富に含んでいる魚といったほうがより正確ということになります。
例えば「白身魚」の鮭や「赤身魚」のマグロなども「DHA」や「EPA」を豊富に含んでいるため、猫に与えてはいけない魚となります。

「不飽和脂肪酸(DHAやEPA)」自体は猫にとっても体に良いものです

いわし
「不飽和脂肪酸」自体は、実は猫の体にとっても良いもので、猫の体に影響を及ぼすのは、脂肪が酸化してしまうこと自体です。
つまり、酸化しにくい新鮮な「青魚」、酸化を防ぐ為の「ビタミンE」の同時摂取など、ちゃんと理解したうえで猫に与える分には問題ないということになります。
「黄色脂肪症(イエローファット)」は、通常、長期にわたって偏った食事を与えたり、大量に「青魚」を与えない限り簡単には発症しない病気ですが、いずれにしても普段からバランスの良いものを与えることが猫にとって良いことです。
猫が体内で分解することのできない「チアミナーゼ」を含む生の「エビ」や「カニ」や「淡水魚」などもそうですが、「サザエさん」の主題歌で「お魚くわえたどら猫・・・」という歌詞から、日本では「猫=魚好き」というイメージが強いと思いますので、注意が必要です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

急性小腸疾患(きゅうせいしょうちょうしっかん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

小腸の異常により、急に消化器症状が発生することがあります。今回は、猫における消化器系の病気、「急性小腸疾患(きゅうせいしょうちょうしっかん)」について見ていきます。

肺動脈弁閉鎖不全症(はいどうみゃくべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「肺動脈」は、心臓の右心室から肺へ血液を送っている血管です。今回は、猫における循環器疾患、「肺動脈弁閉鎖不全症(はいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

多発性筋炎(たはつせいきんえん)、感染性筋炎(かんせんせいきんえん)、咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

筋肉疾患を総称して「ミオパシー」とも呼ばれます。今回は、猫の筋肉疾患、「多発性筋炎(たはつせいきんえん)」「感染性筋炎(かんせんせいきんえん)、咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)」について見ていきます。

食道炎(しょくどうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫の食道における運動性は弱いと言われています。今回は、猫における消化器系の病気、「食道炎(しょくどうえん)」について見ていきます。

パスツレラ感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

「パスツレラ」は真菌細菌の一種で、哺乳綱や鳥綱の常在菌として存在しています。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「パスツレラ感染症」について見ていきます。

好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)、天疱瘡(てんぼうそう) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

免疫機能の異常によって発生する皮膚炎があります。今回は、猫における皮膚の病気、「好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)」「天疱瘡(てんぼうそう)」について見ていきます。

[非再生性貧血]鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)、コバラミン・葉酸欠乏貧血 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄での赤血球産生能低下が原因で起こる「非再生性貧血」についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「非再生性貧血」である「鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)」「コバラミン・葉酸欠乏貧血」について見ていきます。

[再生性貧血]溶血性貧血(ヘモバルトネラ症、ハインツ小体性、赤血球の物理的破壊) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、原因などから少し詳細について見ていきます。前回に引き続き、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「再生性貧血」である「溶血性貧血」(ヘモバルトネラ症、ハインツ小体性、赤血球の物理的破壊)についてです。

心筋症、貧血 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

血液の循環は、酸素供給、二酸化炭素の除去、水分供給、温度調節、栄養分供給など数多くの役割を担っています。循環器系の病気になると、血液が果たしている役割に支障をきたすため命を脅かすことすらあります。今回は、猫における循環器系の病気、「心筋症」「貧血」について見ていきます。

エプリス(エプーリス)、口腔内悪性黒色腫(こうくうないあくせいこくしょくしゅ) : 飼い主が知っておきたい口の病気

歯茎にできる良性の腫瘍があります。今回は、猫における猫における口の異常、「エプリス(エプーリス)」「口腔内悪性黒色腫(こうくうないあくせいこくしょくしゅ)」について見ていきます。