MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫は「アワビを食べると耳が落ちる」

 

ネコは「アワビを食べると耳が落ちる」というのはホント!

アワビ
極稀に、海が近い町や島に暮らすネコの中に、耳が欠けたネコがいます。まさに「耳が落ちた」状態です。

Sponsored Link

「アワビ」をはじめ「ハマグリ」「あさり」など貝類はネコにとって危険です

ネコが「アワビ」をはじめとした貝類を食べると、耳が痒くなります。
耳が痒いネコは、当然、耳をかきます。するとネコの耳の皮膚が弱り、それでも痒いネコは耳を掻き続けます。
すると耳の皮膚はどんどんボロボロになり、やがて耳の先端から皮膚が欠けてしまうということになります。
そのまま症状が悪化すると、最悪の場合は、耳が全て取れてしまうこともあるようです。
ここまでくると可哀想で見ていられない状況になってしまいます。

なぜネコは「アワビ」を食べると耳が痒くなるのか

貝類
「アワビ」や「ハマグリ」など貝類は、生きるための栄養分を海藻を食べることにより摂取します。
貝類が食べた海藻にはクロロフィル(葉緑素)が含まれており、クロロフィルは「アワビ」や「ハマグリ」の内臓である中腸腺に蓄積されます。
中腸腺という貝の内臓は、貝類のキモの部分のことで人間が食べると苦味を感じる部分のことです。
ネコが貝類の中腸腺を食べることにより血管にクロロフィルが吸収されます。その後クロロフィルは血流により耳に達します。
ネコの耳は皮膚が薄く、且つ頭の上についているため、血流が弱い部分でもあり、日光が当たりやすい箇所です。
クロロフィルは日光を浴びることにより化学反応を起こして「ビオフェオフォルバイトa」という毒素に変化します。
人間の場合は大概の場合、体内で解毒することができますが、ネコは耳で「ビオフェオフォルバイトa」が発生することにより「光線過敏症」という病気にかかってしまい、その結果、耳に痒みを感じ始めます。
そして、痒い耳を掻き続けることで炎症が悪化し、耳が落ちてしまうということになってしまいます。
また、ネコは貝類を食べることにより中毒症状を引き起こしてしまう危険もありますので、ネコが欲しがっても与えるのは避けたほうがよいです。
貝類と同様にネコに与えてはいけないものとして生の「イカ」や「タコ」がありますが、「イカ」や「タコ」には豊富なタウリンを含んでおり、タウリンはネコにとって必要な栄養素です。
「アワビ」や「ハマグリ」など貝類にも「イカ」や「タコ」と同様に豊富なタウリンを含んでいますので、ネコは貝類を見ると食べたがってしまいます。
でも、貝類や「イカ」「タコ」以外の物を与えることでタウリンを摂取させることが安全ですので、飼い主は十分な注意が必要です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー、筋ジストロフィー : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

の筋肉が硬直化する病気についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー」「筋ジストロフィー」について見ていきます。

猫がチョコレートを食べると中毒症状を起こす危険が!

「2月14日はバレンタインデーだから猫にもチョコレートをあげよう」というのは危険です。「チョコレート」をはじめとした「カカオ」は、猫に食べさせてはいけないものの代表格ですので飼い主は十分に認識しておくことが必要です。

狂犬病、オーエスキー病(仮性狂犬病) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

猫にも狂犬病は発症します。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「狂犬病」、「オーエスキー病」(仮性狂犬病)について見ていきます。

骨軟骨形成異常(こつなんこつけいせいいじょう) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

遺伝子が関与している骨関節の遺伝病があります。今回は、猫の骨関節疾患、「骨軟骨形成異常(こつなんこつけいせいいじょう)」について見ていきます。

糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

初期段階では症状がほとんどみられないと言われているので注意が必要です。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん)」について見ていきます。

多飲多渇症(たいんたかつしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

水を飲む量と尿の量が通常より増加する症状についてです。今回は、猫における腎・泌尿器の異常、「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)、多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄内の造血細胞における異常、腫瘍性に増殖する疾患についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)」「多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)」について見ていきます。

マイコプラズマ多発性関節炎 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

体内に寄生している真正細菌が原因で発症する関節炎があります。今回は、猫の骨関節疾患、「マイコプラズマ多発性関節炎」について見ていきます。

心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

先天的な心臓病で「右心房」と「左心房」の間に穴が空いてしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)」について見ていきます。

胃潰瘍(いかいよう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

胃粘膜の深くまでを欠損してしまうと「胃潰瘍(いかいよう)」になります。今回は、猫における消化器系の病気、「胃潰瘍(いかいよう)」について見ていきます。