MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫に生の「エビ」や「カニ」を食べさせてはいけません

 

ネコにとって生の「エビ」は毒素です。

エビ
今回は猫に食べさせてはいけないと言われている「エビ」や「カニ」について見ていきます。

Sponsored Link

ネコが生の「エビ」や「カニ」を食べると・・・

ネコに生の甲殻類を食べさせてしまうと、中毒を引き起こして嘔吐や下痢を引き起こすことがあります。
これは、ネコがイカを食べると腰を抜かすのと同様に、ビタミンB1欠乏症になってしまうためです。
症状が悪化すると痙攣を引き起こしたり神経障害により立てなくなってしまったり、本当に酷い場合は死に至ることもありますので、決して生の甲殻類を与えることの無いようにしましょう。

「チアミナーゼ」がネコの体内のビタミンB1を壊してしまう

カニ
「エビ」や「カニ」は肝臓に「チアミナーゼ」を蓄積しており、人間はこの「チアミナーゼ」を解毒することができるため食しても問題ありませんが、ネコの肝臓は「チアミナーゼ」の毒素を解毒することができないため危険な状態に陥ります。
ネコが生の甲殻類を摂取すると「ブドウ糖」を大量に消費することになり、それにより「ビタミンB1」が欠乏状態になってしまいます。
ただし、「チアミナーゼ」は加熱することで失活するため、茹でたり焼いたりした甲殻類はネコが食べても問題はおこりません。
ただ、塩を振ったり調味料で味付けしたりすると、今度はネコにとっては塩分のとりすぎになってしまったり、調理した「エビ」や「カニ」だと、調味料にネギ類が含まれている危険もありネギ中毒になってしまいますので、別の問題が勃ってしまいます。
いずれにしても甲殻類を食べさせるのは危険という認識をもっておくと間違えははいでしょう。

「チアミナーゼ」を有する淡水魚もネコにとって毒です

ワカサギ
「チアミナーゼ」を持っているものは、ネコが腰を抜かしてしまうというので有名な生の「エビ」「タコ」、また今回ご紹介した生の「エビ」「カニ」を含む甲殻類に加え、「コイ」や「ワカサギ」などの淡水魚も含まれますので、要注意です。
人間にとっては、“コイの洗い”などコイの刺し身を酢味噌や梅醤油などで食べたり、とれたてのワカサギの刺し身などはさっぱりした白身が抜群だったりしますが、「チアミナーゼ」を分解できないネコには与えてはダメです。
ネコとは別の理由ですが、人間が淡水魚を食する場合でも顎口虫症(がくこうちゅうしょう)など寄生虫の心配がありますので、野生のコイを自分で刺し身で食べることは危険なので、食用の魚を食するようにすることが大切です。
・・・少し人間の話しにそれましたが、「サザエさん」の主題歌で「お魚くわえたどら猫・・・」という歌詞があるように、ネコというと魚が好きというイメージがありますが、だからといって生の魚を与えるのは危険だということを覚えておく必要があります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

膵炎(すいえん) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

これまで生前の診断が難しかった病気があります。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「膵炎(すいえん)」について見ていきます。

鼻におけるリンパ腫 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

中齢から老齢の猫に発生しやすい咽頭部の腫瘍がリンパ腫です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「鼻におけるリンパ腫」について見ていきます。

皮膚における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

皮膚は、他の部位と比べて、比較的、腫瘍の発生頻度が高い部位です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「皮膚における腫瘍」について見ていきます。

糖尿病、毛球症(もうきゅうしょう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

どんな猫でも病気になってしまうリスクはあります。普段の生活の中でよく観察し病気の早期発見が大切です。今回は、猫における消化器系の病気、「糖尿病(とうにょうびょう)」「毛球症(もうきゅうしょう)」について見ていきます。

皮膚血管炎(ひふけっかんえん)、皮膚無力症(エーラス・ダンロス症候群) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

皮膚の血管壁に起こる皮膚炎、先天的な異常による皮膚の病気があります。今回は、猫における皮膚の病気、「皮膚血管炎(ひふけっかんえん)」、「皮膚無力症」(エーラス・ダンロス症候群)について見ていきます。

結膜炎、角膜炎 : 飼い主が知っておきたい目の病気

猫が目の病気にかかったからといって目だけの異常だとは限りません。全身的な症状の一部として目にあらわれていることもありますので、他にも体の異常がないか早めに獣医師の診断をうけることが大切です。今回は、猫がかかりやすい目の病気「結膜炎」「角膜炎」について見ていきます。

ノミ、ダニ、ツメダニ : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

被毛がある猫にとって寄生虫による被害のリスクは避けられません。飼い主は寄生虫のリスクを知っておくことでいち早く異常に気づき対処できるよう観察することが大切です。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「ノミ」「ダニ」「ツメダニ」について見ていきます。

猫伝染性鼻気管炎(ねこでんせんせいびきかんえん)(FVR,猫ウイルス性鼻気管炎)、猫免疫不全ウイルス感染症(FIV) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

猫から猫へ伝染るウイルス感染症があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「猫伝染性鼻気管炎(ねこでんせんせいびきかんえん)」(FVR,猫ウイルス性鼻気管炎)、「猫免疫不全ウイルス感染症」(FIV)について見ていきます。

拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の大きさが拡大し、心臓の筋肉の動きが悪くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)」について見ていきます。

僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」の開口部が奇形のため狭くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁狭窄症(ほうそうべんきょうさくしょう)」について見ていきます。