MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

アメリカンボブテイル : しっぽがポンポンだ!

 

しっぽがチアリーダーのポンポンのように短い「アメリカンボブテイル」という品種についてです。

americanbobtail

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスby Shelly

Sponsored Link

アメリカンボブテイルの起源

アメリカのアイオワ州の夫婦がアリゾナ州を旅行しているときに、その先住民から「タビー」をもらってきたことがアメリカンボブテイルの始まりです。それが1960年代のことでした。
その後、しっぽの短い「タビー」と「シャム」との間に生まれたネコが、後の「アメリカンボブテイル」の起源となります。

アメリカンボブテイルの特徴

「アメリカンボブテイル」という名前にある「ボブテイル」というのは、「断尾」の意味でしっぽがないという意味です。
その名の通り、「アメリカンボブテイル」の特徴は、やはり名前にもあるしっぽの短いところです。
好奇心が強く活発なネコで、外見は野生的な印象を受けます。
チアリーダーのポンポンのようなしっぽがとてもかわいらしく、後ろからみるとチャーミングなネコです。
ただ、顔つきは野生的で、肉付きがよくヘビー級、あごなどはしっかりしている印象をうけます。
一見気性が荒そうにもみえますが、性格は温厚で人懐っこいネコで、飼い主に対しても従順ですので、とてもかわいらしいと感じられるネコです。
ネコの品種の中で「アメリカンボブテイル」と同様に短いしっぽのネコというと、日本発祥の「ジャパニーズボブテイル」というネコがいますが、「アメリカンボブテイル」は「ジャパニーズボブテイル」よりも大分体格は大きくて重い印象を受けます。
「ジャパニーズボブテイル」と似ているところは、しっぽがチアリーダーのポンポンのようなところだけです。

 

ネコも、あんまり重いと、抱っこしたときにつらいですね。
我が家のアメリカンショートヘアの“メオ”も大分重くなりましたが、それでも4kgくらいだと思います。
この「アメリカンボブテイル」は、大きいと7kgくらいになるようです。

Sponsored Link

「アメリカンボブテイル」の基本データ

英語表記 American Bob Tail
原産地 アメリカ合衆国
誕生時期 1960年代
発生スタイル 突然変異的発生(※突然変異で生まれ、変わった特徴を固定させた品種)
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ ロングアンドサブスタンシャル(※がっしりして長い)
カラー 毛色:スポッテッドタビー、シールリンクスポイントなど全色、目色:毛色に準ずる

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

オリエンタルロングヘア : 「オリエンタルショートヘア」の長毛種

「オリエンタルロングヘア」は、「シャム」との交配により生まれた「オリエンタルショートヘア」の育種の過程に生まれた長毛種のネコです。性格は、「シャム」の性質を受け継ぎ人懐っこくて甘えん坊です。

キムリック : 「マンクス」の長毛版

「キムリック」は1960年代にカナダで、「マンクス」の繁殖の過程で突然変異によって生まれた長毛のネコです。つまり「マンクス」の長毛版ネコです。

エジプシャンマウ : 古代エジプトの壁画のような猫

古代エジプトのネコに似ている「エジプシャンマウ」。「マウ」というのは、エジプトの「ネコ」という言葉です。エジプシャンマウの原種はエジプトのネコと、イタリアのネコの掛け合わせのようです。

マンクス : しっぽが短いイギリス、マン島の猫

「マンクス」は、イギリスのマン島のネコです。

シンガプーラ : “小さな妖精”

「シンガプーラ」は世界最小のネコの品種だと言われており、そこから「小さな妖精」という呼び名がついています。やさしい性格で、しかも体が小さいので、赤ちゃんがいる家でも安心して飼えるネコといえるでしょう。

アメリカンカール : 耳がカールしている猫!

耳がカールしているネコ「アメリカンカール」という品種についてです。「アメリカンカール」としての始まりは、なんと”迷い猫”です。アメリカ、カリフォルニア州レークランドに住んでいたグレース&ジョールーガ夫妻の家に、ある日子猫が迷い込んできてその家にそのまま住みついたのが始まりといわれています。

ブリティッシュショートヘア : イギリス古来の猫

イギリスを起源とする品種の中で最も古い猫「ブリティッシュショートヘア」についてです。 by Mel

トンキニーズ : 「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」から生まれた猫

1950年代から1970年代にかけてアメリカやカナダで「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」との交配によって生まれた品種です。活発で遊び好き、好奇心旺盛でいつも動き回っているネコです。

猫のボディータイプ

猫は一般的に、体型・体格によって大きく6つのボディータイプに振り分けられています。6つのボディータイプ、「コビー・タイプ」「セミコビー・タイプ」「セミフォーリン・タイプ」「フォーリン・タイプ」「オリエンタル・タイプ」「ロングアンドサブスタンシャル・タイプ」について見ていきます。

オシキャット : 濃い目の斑点模様が美しい猫

「オシキャット」の特徴は、はっきりとした濃い色の斑点模様です。首周りと尻尾以外は、光沢のあるスポットを描いていてとても美しく、また毛の1本1本が複数色の色体になって生えていて、毛並みは厚く密生しています。