MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

アメリカンボブテイル : しっぽがポンポンだ!

 

しっぽがチアリーダーのポンポンのように短い「アメリカンボブテイル」という品種についてです。

americanbobtail

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスby Shelly

アメリカンボブテイルの起源

アメリカのアイオワ州の夫婦がアリゾナ州を旅行しているときに、その先住民から「タビー」をもらってきたことがアメリカンボブテイルの始まりです。それが1960年代のことでした。
その後、しっぽの短い「タビー」と「シャム」との間に生まれたネコが、後の「アメリカンボブテイル」の起源となります。

アメリカンボブテイルの特徴

「アメリカンボブテイル」という名前にある「ボブテイル」というのは、「断尾」の意味でしっぽがないという意味です。
その名の通り、「アメリカンボブテイル」の特徴は、やはり名前にもあるしっぽの短いところです。
好奇心が強く活発なネコで、外見は野生的な印象を受けます。
チアリーダーのポンポンのようなしっぽがとてもかわいらしく、後ろからみるとチャーミングなネコです。
ただ、顔つきは野生的で、肉付きがよくヘビー級、あごなどはしっかりしている印象をうけます。
一見気性が荒そうにもみえますが、性格は温厚で人懐っこいネコで、飼い主に対しても従順ですので、とてもかわいらしいと感じられるネコです。
ネコの品種の中で「アメリカンボブテイル」と同様に短いしっぽのネコというと、日本発祥の「ジャパニーズボブテイル」というネコがいますが、「アメリカンボブテイル」は「ジャパニーズボブテイル」よりも大分体格は大きくて重い印象を受けます。
「ジャパニーズボブテイル」と似ているところは、しっぽがチアリーダーのポンポンのようなところだけです。

 

ネコも、あんまり重いと、抱っこしたときにつらいですね。
我が家のアメリカンショートヘアの“メオ”も大分重くなりましたが、それでも4kgくらいだと思います。
この「アメリカンボブテイル」は、大きいと7kgくらいになるようです。

「アメリカンボブテイル」の基本データ

英語表記 American Bob Tail
原産地 アメリカ合衆国
誕生時期 1960年代
発生スタイル 突然変異的発生(※突然変異で生まれ、変わった特徴を固定させた品種)
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ ロングアンドサブスタンシャル(※がっしりして長い)
カラー 毛色:スポッテッドタビー、シールリンクスポイントなど全色、目色:毛色に準ずる

 - 猫の品種 , ,

お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事