MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

アメリカンボブテイル : しっぽがポンポンだ!

 

しっぽがチアリーダーのポンポンのように短い「アメリカンボブテイル」という品種についてです。

americanbobtail

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスby Shelly

Sponsored Link

アメリカンボブテイルの起源

アメリカのアイオワ州の夫婦がアリゾナ州を旅行しているときに、その先住民から「タビー」をもらってきたことがアメリカンボブテイルの始まりです。それが1960年代のことでした。
その後、しっぽの短い「タビー」と「シャム」との間に生まれたネコが、後の「アメリカンボブテイル」の起源となります。

アメリカンボブテイルの特徴

「アメリカンボブテイル」という名前にある「ボブテイル」というのは、「断尾」の意味でしっぽがないという意味です。
その名の通り、「アメリカンボブテイル」の特徴は、やはり名前にもあるしっぽの短いところです。
好奇心が強く活発なネコで、外見は野生的な印象を受けます。
チアリーダーのポンポンのようなしっぽがとてもかわいらしく、後ろからみるとチャーミングなネコです。
ただ、顔つきは野生的で、肉付きがよくヘビー級、あごなどはしっかりしている印象をうけます。
一見気性が荒そうにもみえますが、性格は温厚で人懐っこいネコで、飼い主に対しても従順ですので、とてもかわいらしいと感じられるネコです。
ネコの品種の中で「アメリカンボブテイル」と同様に短いしっぽのネコというと、日本発祥の「ジャパニーズボブテイル」というネコがいますが、「アメリカンボブテイル」は「ジャパニーズボブテイル」よりも大分体格は大きくて重い印象を受けます。
「ジャパニーズボブテイル」と似ているところは、しっぽがチアリーダーのポンポンのようなところだけです。

 

ネコも、あんまり重いと、抱っこしたときにつらいですね。
我が家のアメリカンショートヘアの“メオ”も大分重くなりましたが、それでも4kgくらいだと思います。
この「アメリカンボブテイル」は、大きいと7kgくらいになるようです。

「アメリカンボブテイル」の基本データ

英語表記 American Bob Tail
原産地 アメリカ合衆国
誕生時期 1960年代
発生スタイル 突然変異的発生(※突然変異で生まれ、変わった特徴を固定させた品種)
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ ロングアンドサブスタンシャル(※がっしりして長い)
カラー 毛色:スポッテッドタビー、シールリンクスポイントなど全色、目色:毛色に準ずる

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

シンガプーラ : 「小さな妖精」

「シンガプーラ」は世界最小のネコの品種だと言われており、そこから「小さな妖精」という呼び名がついています。やさしい性格で、しかも体が小さいので、赤ちゃんがいる家でも安心して飼えるネコといえるでしょう。

ロシアンブルー : 飼い主に従順な猫

「ロシアンブルー」は飼い主に従順で人懐っこいため、「犬のような性格のネコ」と言われることもあります。
しかし、飼い主には従順で愛情を持つ一方、知らない人には人見知りするタイプでシャイな一面をもっています。

エキゾチックショートヘア : 「ぶさかわ」いい猫

「エキゾチックショートヘア」は、まるで「ブルドッグ」のようにペチャっとした顔つきの”ぶさかわ”です。篠原良子主演のドラマ「オトナ女子」で登場した”ぶさかわ”ネコ「ちくわ」は、この「エキゾチックショートヘア」です。

ノルウェージャンフォレストキャット : ノルウェーの森の猫

ノルウェーの神話の中にも登場する神秘的なネコ「ノルウェージャンフォレストキャット」についてです。

ブリティッシュショートヘア : イギリス古来の猫

イギリスを起源とする品種の中で最も古い猫「ブリティッシュショートヘア」についてです。 by Mel

アメリカンワイヤーヘア : 曲がった毛先が特徴の猫

曲がった毛先が特徴のネコ「アメリカンワイヤーヘア」という品種のネコについてです。「アメリカンワイヤーヘア」の原種は、我が家のメオと同じ「アメリカンショートヘア」です。

マンクス : しっぽが短いイギリス、マン島の猫

「マンクス」は、イギリスのマン島のネコです。

ラパーマ : 巻き毛を意味する「パーマネント」から名付けられた猫

「ラパーマ」の外見的な特徴は、名前にもあるようにそのカールした被毛です。なお、「ラパーマ」には長毛のネコと短毛のネコの2種類が存在します。カールした被毛は、特に耳の付け根のあたりと顎の下に強く現れます。

ターキッシュバン : 水遊びが好きな珍しい猫

概してネコは水を嫌がる特性がありますが、「ターキッシュバン」はネコには珍しく入浴や水遊びが大好きで、泳ぐこともできます。

スフィンクス : 耳が大きく無毛で個性的な猫

無毛に見える体と、毛が無いために見えるしわ、まっすぐに立っていてとても大きな耳など、とても個性的なネコ。無毛に見えますが実は全くの無毛ではなく、産毛に覆われていて、手触りはスウェードを触っているような感じがします。