MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

スノーシュー : 白い靴下を履いている猫

 

「シャム」の中から偶然発見された白い足先のネコ「スノーシュー」についてです。

snowshoe

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスby Katlin Christine Knutson

Sponsored Link

スノーシューの起源

「スノーシュー」は、1960年代に、「シャム」のブリーダーだったアメリカペンシルバニア州のドロシーハインズという女性が、「シャム」の子猫の中に白い靴下をはいたように脚の先が白いネコを偶然に見つけたことから始まりました。
その後、足先が白いネコを意図的に繁殖させようとし交配を試した結果、「アメリカンショートヘア」との交配が「スノーシュー」の繁殖に適していることを発見し、「スノーシュー」が確立されていきました。
足先が白い模様のネコの遺伝子は劣勢遺伝であったため、「スノーシュー」を繁殖させることは簡単ではなく、定着させるまでには長い時間がかかりました。
現在でも数が少ない品種で、「スノーシュー」という品種もあまり広くは知られない存在です。
ブリーダーによる繁殖の結果、1980年代にTICA(The International Cat Association)に正式にネコの品種として公認されることとなります。

スノーシューの特徴

「スノーシュー」の特徴は、その名前にもある通り、足先が白く雪靴をはいているような、もしくは白い靴下を履いているような模様です。
白い模様は足先に加え、口の部分や喉の部分にも見られます。
「スノーシュー」は生まれたばかりの時は、全身の毛色はホワイトですが、数週間後から徐々に濃い色の毛が生えてきます。
「シャム」から生まれたということもあり、目の色はブルーです。
また「アメリカンショートヘア」のように、体は細身ですがとても筋肉質な体つきをしています。
「スノーシュー」の性格は、とても甘えん坊で遊び好き、飼い主にかまってもらいたいので、よくいたずらもします。
また頭もよく賢いネコです。
よく鳴くネコが多いため、静かな暮らしには不向きですが、しっかり愛情を注いで楽しいネコライフを過ごしたい人にとっては向いているネコです。

Sponsored Link

「スノーシュー」の基本データ

英語表記 Snowshoe
原産地 アメリカ合衆国
誕生時期 1960年代
発生スタイル 人為的発生(※ブリーダーが猫同士を交配させて生まれた品種)
公認団体 TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ セミフォーリン(※やや細身)
カラー 毛色:チョコレート、ホワイト、シナモン、ブルー、クリームなど、目色:ブルー

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

コーニッシュレックス : パーマがかかったような毛並みが特徴の甘えん坊

「コーニッシュレックス」の一番の特徴は、とても印象的で変わっているパーマをかけたような縮れ毛。好奇心が強くて賢く頭の良いネコで、人見知りすることもないので飼いはじめでもすぐに打ち解けることができます。

ノルウェージャンフォレストキャット : ノルウェーの森の猫

ノルウェーの神話の中にも登場する神秘的なネコ「ノルウェージャンフォレストキャット」についてです。

アンゴラ(ターキッシュアンゴラ) : ウサギではなくネコ

高級な「コート」や「セーター」などに使われる「アンゴラ」というと、「ウサギ」や「ヤギ」の毛のことを指しますが、ネコの品種にも「アンゴラ」(ターキッシュアンゴラ)というのがいます。

ピクシーボブ : 体のサイズが大きくて尻尾が短い猫

「ピクシーボブ」は、体のサイズが大きくて尻尾が短いのが特徴です。また鳴き声が普通のネコとは違って個性的で鳥のようです。とても賢く、人の言葉を理解することに長けており洞察力に富んだネコです。

マンクス : しっぽが短いイギリス、マン島の猫

「マンクス」は、イギリスのマン島のネコです。

スフィンクス : 耳が大きく無毛で個性的な猫

無毛に見える体と、毛が無いために見えるしわ、まっすぐに立っていてとても大きな耳など、とても個性的なネコ。無毛に見えますが実は全くの無毛ではなく、産毛に覆われていて、手触りはスウェードを触っているような感じがします。

オシキャット : 濃い目の斑点模様が美しい猫

「オシキャット」の特徴は、はっきりとした濃い色の斑点模様です。首周りと尻尾以外は、光沢のあるスポットを描いていてとても美しく、また毛の1本1本が複数色の色体になって生えていて、毛並みは厚く密生しています。

アメリカンカール : 耳がカールしている猫!

耳がカールしているネコ「アメリカンカール」という品種についてです。「アメリカンカール」としての始まりは、なんと”迷い猫”です。アメリカ、カリフォルニア州レークランドに住んでいたグレース&ジョールーガ夫妻の家に、ある日子猫が迷い込んできてその家にそのまま住みついたのが始まりといわれています。

マンチカン : 短い足がかわいらしいネコ版「ダックスフンド」

言わば、イヌの「ダックスフンド」のネコ版、「マンチカン」は足の短いところ(短足ネコ)が最大の特徴です。「マンチカン」という名前の由来は、「短縮」という意味(英語)で、短足でちょこちょこ動き回る姿はとても愛くるしく性格的にも好奇心旺盛で、くるみのような大きな目をしている、まさに愛されキャラのネコ。

トンキニーズ : 「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」から生まれた猫

1950年代から1970年代にかけてアメリカやカナダで「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」との交配によって生まれた品種です。活発で遊び好き、好奇心旺盛でいつも動き回っているネコです。